第71回 農林水産省賞典鳴尾記念 過去10年のデータ分析

2018年6月2日
阪神競馬場 G3 第71回 農林水産省賞典鳴尾記念 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ステイインシアトル
2016年 サトノノブレス
2015年 ラブリーデイ
2014年 エアソミュール
2013年 トウケイヘイロー
2012年 トゥザグローリー
2011年 レッドデイヴィス
2010年 ルーラーシップ
2009年 アクシオン
2008年 サクラメガワンダー

2015年のラブリーデイがここを勝って宝塚記念も勝っているので、その前哨戦といった感もあるのですが、宝塚記念に向かわない馬も多く、扱いが難しいレースですね。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 2- 2- 3- 6/ 13 15.4% 30.8% 53.8%
4歳 1- 3- 3- 11/ 18 5.6% 22.2% 38.9%
5歳 4- 2- 1- 21/ 28 14.3% 21.4% 25.0%
6歳 3- 1- 2- 30/ 36 8.3% 11.1% 16.7%
7歳 0- 2- 1- 18/ 21 0.0% 9.5% 14.3%
8歳 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%

このレースからレース条件が3歳上となり、3歳馬の出走が可能になるようです。
その3歳ですが、複勝率が50%超と非常に好調。
早速ですが、無視できない存在になりそうです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 0-12/12 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 0- 1- 2- 9/12 0.0% 8.3% 25.0%
3枠 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
4枠 0- 1- 2-12/15 0.0% 6.7% 20.0%
5枠 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
6枠 0- 1- 1-16/18 0.0% 5.6% 11.1%
7枠 0- 6- 3-11/20 0.0% 30.0% 45.0%
8枠 8- 0- 0-13/21 38.1% 38.1% 38.1%

1枠が3着までに全く入っていない鬼門のようです。
逆に8枠は1着8回とすさまじい成績。
7枠も2着6回と複勝率45%を誇っていますから、外枠が有利なのかと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 0- 10/ 12 16.7% 16.7% 16.7%
平地・先行 3- 1- 3- 24/ 31 9.7% 12.9% 22.6%
平地・中団 5- 4- 5- 32/ 46 10.9% 19.6% 30.4%
平地・後方 0- 5- 2- 32/ 39 0.0% 12.8% 17.9%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

後方からは勝ち馬が出ていませんが、複勝率はどの脚質でもあまり変わりありません。
どんな脚質でも勝負できるコースなのだと思います。

○脚質

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 3- 1- 4/ 10 20.0% 50.0% 60.0%
2番人気 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0%
3番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0%
14番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

上位人気馬が順当に上位に入っているようです。
それでも、4番人気程度まではほぼ同率で上位人気ほど圧倒しているという雰囲気はないようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 1- 1- 9/ 12 8.3% 16.7% 25.0%
前走2着 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
前走3着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走4着 0- 2- 0- 7/ 9 0.0% 22.2% 22.2%
前走5着 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
前走6~9着 4- 2- 3- 29/ 38 10.5% 15.8% 23.7%
前走10着~ 4- 4- 3- 38/ 49 8.2% 16.3% 22.4%

出走馬の頭数を見ると、前走の着順が悪かった馬の敗者復活戦といった様相を呈しています。
前走6着以下の馬の出走が非常に多く、成績も8-6-6-67と非常に好走しています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞春G1 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
中山記念G2 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
天皇賞秋G1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
福島民報H 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
八坂S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
東京優駿G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
京都新聞G2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
京王杯スG2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
菊花賞G1 0- 2- 1- 4/ 7 0.0% 28.6% 42.9%
新潟大賞HG3 0- 1- 3-12/16 0.0% 6.3% 25.0%
産経大阪G2 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
都大路S 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3%
アルゼンHG2 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
カシオペ 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
小倉大賞HG3 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
香港CG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ヴィクトG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
アンドロH 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6%
日経賞G2 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
トパーズH 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

ここに向かってくるレースも一定せず、非常に悩ましい選択になりそうです。