第132回 農林水産省賞典目黒記念 予想&結果

2018年5月27日
東京競馬場 G2 第132回 農林水産省賞典目黒記念 芝2500m

◎ 8 パフォーマプロミス
○ 10 チェスナットコート
▲ 14 フェイムゲーム
△ 16 ポポカテペトル
× 11 ソールインパクト

東京競馬場では本日2つめの重賞のG2の目黒記念が行われます。
日本ダービーの余韻が残る中行われる長距離戦ですが、スタミナ自慢が集まって比較的面白いレースになりそうです。
ハンデ戦ということもあり、伏兵馬の台頭もあるかもしれませんね。

◎印は8 パフォーマプロミス。
昨年春から本格化したのかという感じがあり、それ以来3着以内の結果を残し続けています。
前走は日経新春杯でオープンへの昇級初戦で優勝。
ハンデにも恵まれたのかもしれませんが、この馬の地力強化もあると思います。
今回はハンデが54kgから56kgになりますが、長距離戦であれば、上位争いは可能だと思っています。

○印は10 チェスナットコート。
2走前の日経賞は0.1秒差2着、前走の天皇賞(春)は0.3秒差5着とますます力を付けてきていると思います。
まだまだ伸び盛りの4歳馬ですから、ここで一発勝利があっても驚けないと思います。
これまでも大敗することはほとんどない馬ですから、ここでも上位争いは必至だと思っています。

▲印は14 フェイムゲーム。
この馬も8歳となっていますが、まだまだ衰えは見られないと思います。
前走も58.5kgのハンデを背負ってダイヤモンドステークスを完勝。
今回は59kgのハンデとかなり厳しいと思われますが、克服可能だと思っています。
昨年のこのレースはハンデ58kgで優勝していますし、コース適性も非常に高いと思います。

△印は16 ポポカテペトル。
個人的には3強ムードと思っているのですが、この馬も菊花賞3着、青葉賞4着と長距離重賞で好走をしています。
今回が1600万下からの昇級初戦になりますので、古馬との戦いでどこまで戦えるかは未知数ですが、スタミナは十分にあると思っています。
この馬もそれほど大敗することはない馬ですから、相手なりに走ってくれるのではないかと期待しています。

×印は11 ソールインパクト。
前走の天皇賞(春)はこの馬にとっては距離が長すぎたかもしれません。
最後は完全に脚が止まっていると感じられます。
それでも、東京競馬場であれば芝3400mのダイヤモンドステークスで3着や芝2500mのアルゼンチン共和国杯で2着など好成績を残しているので、今回もなんとか我慢してくれるのではないかと思っています。

【結果】
1着    3 ウインテンダネス
2着    4 ノーブルマーズ
3着 ◎  8 パフォーマプロミス
4着 △ 16 ポポカテペトル
5着 × 11 ソールインパクト

1着は9番人気の3 ウインテンダネス、2着は10番人気の4 ノーブルマーズと荒れた結果になりました。
それほど上位5頭にハンデ差はないのですが、実力の差とも言い難いですね。
下位に沈んだ印を打った馬を含めて、なかなかこの結果を理解することは難しいと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense