第132回 農林水産省賞典目黒記念 過去10年のデータ分析

2018年5月27日
東京競馬場 G2 第132回 農林水産省賞典目黒記念 芝2500m

◆過去10年の優勝馬

2017年 フェイムゲーム
2016年 クリプトグラム
2015年 ヒットザターゲット
2014年 マイネルメダリスト
2013年 ムスカテール
2012年 スマートロビン
2011年 キングトップガン
2010年 コパノジングー
2009年 ミヤビランベリ
2008年 ホクトスルタン

ダービー当日の最終レースに行われるこのレース。
G2には位置づけられていますが、ハンデ戦ということもあり、それほど有力馬の参戦はないような気がします。
少し寂し目のレースになることが多いのではないかと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 3- 2- 4- 25/ 34 8.8% 14.7% 26.5%
5歳 2- 7- 2- 30/ 41 4.9% 22.0% 26.8%
6歳 2- 1- 1- 33/ 37 5.4% 8.1% 10.8%
7歳 2- 0- 2- 28/ 32 6.3% 6.3% 12.5%
8歳 1- 0- 1- 15/ 17 5.9% 5.9% 11.8%

勝ち馬はほとんどの年代から出ており、勝率は大きく変わらないと言えます。
ただ、連対率と複勝率は4歳と5歳が高くなっており、若い馬が有利になっています。

○斤量

斤量 着別度数
~49kg 0- 0- 0- 3/ 3
49.5~51kg 1- 1- 0- 6/ 8
51.5~53kg 0- 0- 2- 15/ 17
53.5~55kg 4- 2- 4- 55/ 65
55.5~57kg 4- 6- 3- 41/ 54
57.5~59kg 1- 1- 1- 21/ 24
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

出走数も多いですが、53.5kgから57kgで8-8-7-96と大部分を占めています。
49.5kgから51kgの軽ハンデの馬も成績は比較的良くなっており、注意が必要です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 3-13/19 5.3% 15.8% 31.6%
2枠 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8%
3枠 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
4枠 1- 0- 1-17/19 5.3% 5.3% 10.5%
5枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
6枠 1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1%
7枠 3- 0- 0-25/28 10.7% 10.7% 10.7%
8枠 1- 3- 1-23/28 3.6% 14.3% 17.9%

1枠の複勝率が非常に高くなっています。
しかし、勝ち馬は満遍なく出ているように感じられるので、長距離戦ですし、特に枠番に関しては有利不利はないように思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 9/ 11 9.1% 18.2% 18.2%
平地・先行 3- 3- 4- 29/ 39 7.7% 15.4% 25.6%
平地・中団 6- 6- 4- 57/ 73 8.2% 16.4% 21.9%
平地・後方 0- 0- 2- 46/ 48 0.0% 0.0% 4.2%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ・先行・中団に関してはそれほど差がないように思われます。
ただ、後方だけは非常に成績が悪くなっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 5- 1- 3/ 10 10.0% 60.0% 70.0%
2番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
7番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦らしく1着馬は11番人気までから満遍なく出ています。
2着馬は1番人気が入ることが多いようで、1番人気の複勝率の高さにつながっています。
ただ、比較的荒れやすいレースと言えると思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 2- 21/ 29 10.3% 20.7% 27.6%
前走2着 0- 1- 2- 11/ 14 0.0% 7.1% 21.4%
前走3着 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
前走4着 2- 0- 2- 10/ 14 14.3% 14.3% 28.6%
前走5着 0- 2- 0- 5/ 7 0.0% 28.6% 28.6%
前走6~9着 3- 1- 2- 47/ 53 5.7% 7.5% 11.3%
前走10着~ 2- 2- 2- 39/ 45 4.4% 8.9% 13.3%

複勝率は前走5着以内の馬が高くなっています。
しかし前走6着以下の馬の成績も5-3-4-86とそれほど大きく変わらず、前走が凡走でも注意が必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞春G1 2- 2- 1-20/25 8.0% 16.0% 20.0%
メトロポH 2- 1- 2-29/34 5.9% 8.8% 14.7%
大阪―ハH 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0%
新潟大賞HG3 2- 0- 1-13/16 12.5% 12.5% 18.8%
ダイヤモHG3 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
烏丸SH1600 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
メトロポ 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
府中SH1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
日経賞G2 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
アメリカG2 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
福島民報 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
ウインズ1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
有馬記念G1 0- 0- 2- 0/ 2 0.0% 0.0% 100.0%
安房特H1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走は芝3200mの天皇賞(春)や芝2400mのメトロポリタンステークスから向かってくる馬が多いようです。
それでも、これらのレースから向かってきた馬が特に成績が良いわけではないようです。
他の重賞レース、オープン特別、1600万下と多岐にわたって活躍しています。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense