第79回 優駿牝馬 予想&結果

2018年5月20日
東京競馬場 G1 第79回 優駿牝馬 芝2400m

◎ 2 ラッキーライラック
○ 13 アーモンドアイ
▲ 8 サトノワルキューレ
△ 1 リリーノーブル
× 11 パイオニアバイオ

東京競馬場ではG1の優駿牝馬(オークス)が行われます。
3歳牝馬にとっては過酷なコースになりますが、ここを勝つ馬が最も強い3歳馬と個人的には思っていますので、どの馬も頑張って欲しいと思います。

◎印は2 ラッキーライラック。
前走の桜花賞は13 アーモンドアイの決め脚に敗れましたが、今回は雪辱を果たしてくれるものと思っています。
ただ、あまりこのレースでは成績の良くない先行馬で、目標にされてしまうところは少し問題だと思っています。
ただ、桜花賞まで4連勝し、桜花賞でも2着に入った実力は本物だと思っています。
ここでの巻き返しを期待したいところです。

○印は13 アーモンドアイ。
一頭だけ別次元の脚を見せた桜花賞の勝ちぶりは圧巻でした。
そのためこの印になっていますが、父ロードカナロアということなので距離はかなり不安視しています。
母フサイチパンドラなので、こちらは芝2200mのエリザベス女王杯や芝2000mの札幌記念を勝っているので、あまり問題はないのですが。
あの末脚を見ると父の血が強く出ているようでかなり心配になります。

▲印は8 サトノワルキューレ。
オークストライアルのフローラステークスの勝ち馬です。
東京競馬場でのトライアルですから、ここでの勝ちは価値があると思っています。
距離が400m伸びますが、この馬の父はディープインパクト。
特に問題があるとは思えないので、距離延長は大丈夫だと思います。
フローラステークス同様に末脚が炸裂すれば桜花賞組を逆転できるかもしれないと思っています。

△印は1 リリーノーブル。
前走は桜花賞3着となっており、これまで他のレースでも惜しい競馬が続いています。
2 ラッキーライラックを逆転できるかという不安はあります。
ただ、常にこの馬に負けているということもあり、なんとか逆転をと願う気持ちは強いと思っています。
この馬は父ルーラーシップですから、距離延長は問題ないと思っています。

×印は11 パイオニアバイオ。
ここまで人気馬ばかりなので穴馬も入れておきたいと思います。
この馬は前走はフローラステークスで、8 サトノワルキューレとはクビ差の2着。
未勝利を勝ち上がったばかりで重賞初挑戦と思えば、かなりの大健闘と思います。
クラス慣れした今回は、相手はかなり強化されますが、8 サトノワルキューレが現在のところ3番人気に推されていることを思えば、この馬の9番人気はかなり面白いのではないでしょうか。

【結果】
1着 ○ 13 アーモンドアイ
2着 △  1 リリーノーブル
3着 ◎  2 ラッキーライラック
4着   10 レッドサクヤ
5着    3 マウレア

1着は危なげなく13 アーモンドアイとなりました。
距離は全然問題ではなかったですね。
1着から5着までは前走桜花賞。
フローラステークス組は6着から8着と差はなかなか詰められないですね。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense