テレビ東京杯青葉賞 予想&結果

2018年4月28日
東京競馬場 G2 テレビ東京杯青葉賞 芝2400m

◎ 8 オブセッション
○ 10 スーパーフェザー
▲ 12 ダノンマジェスティ
△ 3 スズカテイオー
× 4 ダブルフラット

東京競馬場ではG2の青葉賞が行われます。
ダービートライアルということもあり、ここで出走を決めたい馬も多いでしょうから、白熱した展開を期待しています。
メンバーを見た瞬間は荒れるかと思ったのですが、思った以上に本命寄りの予想になっています。

◎印は8 オブセッション。
前走は弥生賞で1.7秒差7着と大敗。
この馬の取捨は非常に悩みました。
ただ、やはり前走の4コーナーはこの馬本来の実力を出し切れていないと判断しました。
上手に曲がり切れていれば、もっと差を詰めることは可能だったと思います。
今回は広い東京競馬場。
新馬戦で勝った競馬場でもありますから、今回は上手に走ってくれると信じています。

○印は10 スーパーフェザー。
前走は芝2400mのアザレア賞を0.4秒差の快勝。
2走前のあすなろ賞では、後に皐月賞を勝つエポカドーロに次ぐ2着となっています。
このレースでは0.6秒差を付けられていますが、勝ち馬に上手にスローペースに持ち込まれた分届かなかったと思っています。
上がり3ハロンは最速でしたから、直線の長い東京競馬場では期待が出来そうな気がします。

▲印は12 ダノンマジェスティ。
過去データでは非常に相性の良い大寒桜賞の勝ち馬です。
過去10年では勝ち馬はいないのですが、複勝率は83.3%となっており、相性の良いレースと言えると思っています。
このレースは東京競馬場と同じ左回りの中京競馬場でおこなわれており、距離も芝2200mと比較的長めなので、そのような結果になっているのかもしれません。

△印は3 スズカテイオー。
こちらは12 ダノンマジェスティと同じく前走は大寒桜賞で4着となっています。
少し穴っぽい雰囲気が漂っているような気がします。
このレースはペースは平均ペースだと思われますが、この馬の上がり3ハロンは出走馬中最速となっています。
こちらも最後の直線の長い東京競馬場では期待したいところです。

×印は4 ダブルフラット。
先頭を切って逃げ切れるとしたらこの馬かと思います。
これまでも前で競馬しながら、上がりまでしっかりとした脚を使っていますので、もしかしたら逃げ切りの場面が見られるかもしれないと思っています。
中京競馬場の未勝利を勝っているので、左回りは特に問題ないと思っています。

【結果】
1着    9 ゴーフォザサミット
2着   15 エタリオウ
3着 ○ 10 スーパーフェザー
4着   17 モンテグロッソ
5着   11 トラストケンシン

1着は6番人気の9 ゴーフォザサミット、2着は7番人気の15 エタリオウとなって、比較的波乱の結末になりました。
予想としては散々で、もっと勉強が必要だなと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense