第23回 アンタレスステークス 過去10年のデータ分析

2018年4月15日
阪神競馬場 G3 第23回 アンタレスステークス ダート1800m

◆過去10年の優勝馬

2017年 モルトベーネ
2016年 アウォーディー
2015年 クリノスターオー
2014年 ナムラビクター
2013年 ホッコータルマエ
2012年 ゴルトブリッツ
2011年 ゴルトブリッツ
2010年 ダイシンオレンジ
2009年 ウォータクティクス
2008年 ワンダースピード

数少ない中央ダート重賞ですから、優勝馬はさぞかし活躍する馬なのだろうと思ったのですが、それほどではないようです。
もちろん、G1を勝つような馬もいますが、やはりかなり抜けた力を持っているようです。
今年はそのような馬が参戦するか楽しみですね。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 3- 5- 4- 28/ 40 7.5% 20.0% 30.0%
5歳 5- 2- 1- 31/ 39 12.8% 17.9% 20.5%
6歳 2- 1- 4- 36/ 43 4.7% 7.0% 16.3%
7歳 0- 2- 1- 21/ 24 0.0% 8.3% 12.5%
8歳 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

若い馬の好走が目立っています。
6歳以上の連対率は大きく下がっていますが、複勝率はそれほど悪くないという傾向が出ています。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 2-15/18 0.0% 5.6% 16.7%
2枠 1- 4- 2-12/19 5.3% 26.3% 36.8%
3枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
4枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
5枠 4- 0- 0-15/19 21.1% 21.1% 21.1%
6枠 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
7枠 1- 0- 3-16/20 5.0% 5.0% 20.0%
8枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%

外枠に勝ち馬が偏っている傾向があるようです。
芝コーススタートで外が芝の部分が長いとかの理由もないため、非常に理由が付けづらいところです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 2- 0- 8/ 11 9.1% 27.3% 27.3%
平地・先行 5- 3- 3- 21/ 32 15.6% 25.0% 34.4%
平地・中団 4- 4- 5- 49/ 62 6.5% 12.9% 21.0%
平地・後方 0- 1- 2- 47/ 50 0.0% 2.0% 6.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

先行が比較的有利と言えるようですが、逃げも大きな差はないようです。
中団となると先行と比べてかなり落ちるため、前の馬が有利と言えると思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2- 1- 3- 4/ 10 20.0% 30.0% 60.0%
3番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
4番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から3番人気までが比較的上位に入りやすいようです。
11番人気で2着1回3着1回となっていますが、9番人気以下は3着内に入ったのはその2回のみとなっています。
比較的上位から中位の人気の馬を狙うことが良いかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 7- 1- 2- 31/ 41 17.1% 19.5% 24.4%
前走2着 1- 5- 0- 7/ 13 7.7% 46.2% 46.2%
前走3着 0- 1- 1- 10/ 12 0.0% 8.3% 16.7%
前走4着 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%
前走5着 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
前走6~9着 1- 1- 2- 27/ 31 3.2% 6.5% 12.9%
前走10着~ 0- 1- 3- 34/ 38 0.0% 2.6% 10.5%

前走1着が7勝と勝率は非常に高くなっています。
しかし、連対率は前走2着が一番高くなっています。
比較的前走4着までが上位に入りやすいようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
名古屋G3 3- 3- 0- 7/13 23.1% 46.2% 46.2%
仁川S 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0%
アルデバH 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
平安SG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
門司SH1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ベテルギ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
チャンピG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
マーチSHG3 0- 4- 2-52/58 0.0% 6.9% 10.3%
ダイオG2 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3%
フェブラG1 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
JCDG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
東海SG2 0- 0- 3- 1/ 4 0.0% 0.0% 75.0%
総武S 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
川崎記G1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

出走馬の多いマーチステークス組はあまり成績は良くないようです。
相性が良いのは地方交流競走の名古屋大賞典のようです。
また阪神競馬場ダート2000mですが、仁川ステークスも比較的相性は良いようです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense