第78回 桜花賞 予想&結果

2018年4月8日
阪神競馬場 G1 第78回 桜花賞 芝1600m

◎ 1 ラッキーライラック
○ 9 リリーノーブル
▲ 17 マウレア
△ 16 フィニフティ
× 7 トーセンブレス

阪神競馬場ではG1の桜花賞が行われます。
今年の桜は早く散ってしまったので、阪神競馬場もすでに桜は残っていないと思いますが、レースは白熱した展開を期待したいと思います。

◎印は1 ラッキーライラック。
さすがに4戦4勝馬を外すことは出来ないですね。
過去10年どころか20年遡っても連対していない馬番1番から5番に入ってしまっています。
全レースで分析すると内枠がそれほど不利なわけではないのですが、このレースに限ってはそのような結果になっているようです。
ただ、前哨戦で同コースのチューリップ賞の勝ち馬ですから、実力は誰しも認めるところだと思います。

○印は9 リリーノーブル。
この馬は阪神ジュベナイルフィリーズやチューリップ賞で1 ラッキーライラックの後塵を拝していますが、それぞれ2着、3着と好走。
1 ラッキーライラックがジンクスで敗れるとすればこの馬が台頭してくると思います。
1 ラッキーライラックと同じく先行馬なので、枠的には良いところではないかと思っています。

▲印は17 マウレア。
結果的にはチューリップ賞組に印が厚くなっています。
やはり同コースの前哨戦での好成績が好感触となっています。
ただ、この馬も先行馬ですが、このレースでは外枠を引いてしまったので、9 リリーノーブルとは印を入れ替えています。
阪神ジュベナイルフィリーズでは中団に控える競馬もしていますので、あまり無理に前に出なくても大丈夫なのではないかと思っています。

△印は16 フィニフティ。
このレースが3走目のフレッシュなメンバーです。
前走はクイーンカップで2着と好走。
中団からいい脚を使って上位に食い込んでいますので、阪神競馬場の外回りであれば、直線でごぼう抜きのシーンもあるかと思っています。
このレースは比較的後ろの馬が有利になっていますので、その面からも期待しています。

×印は7 トーセンブレス。
何頭か穴馬候補はいたのですが、連対馬の出ていない内枠の馬だったり、過去の実績からローテーション的にあまり良くない馬だったりと選ぶのは難しいところでした。
この馬は前走フラワーカップで2着に入っており、阪神ジュベナイルフィリーズでは1 ラッキーライラック、9 リリーノーブル、17 マウレアに次ぐ4着。
この上位3頭からは少し離されてはいますが、上がり3ハロンは最速タイで1 ラッキーライラックと同じでした。
阪神ジュベナイルフィリーズも同コースですから、この馬にも少し期待したいと思います。

【結果】
1着   13 アーモンドアイ
2着 ◎  1 ラッキーライラック
3着 ○  9 リリーノーブル
4着 ×  7 トーセンブレス
5着 ▲ 17 マウレア

1着は無印にしていた13 アーモンドアイ。
1頭だけ別次元の脚で一気に差し切りがちでした。
この末脚が不発だったらとか、16 フィニフティと入れ替えていたら・・・などというのは後の祭り。
素直に優勝馬を称えたいと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense