第61回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 過去10年のデータ分析

2018年4月7日
阪神競馬場 G2 第61回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ミッキークイーン
2016年 スマートレイアー
2015年 カフェブリリアント
2014年 スマートレイアー
2013年 サウンドオブハート
2012年 クィーンズバーン
2011年 カレンチャン
2010年 アイアムカミノマゴ
2009年 ジョリーダンス
2008年 エイジアンウインズ

ヴィクトリアマイルの前哨戦となるこのレースですが、2008年のエイジアンウインズ以外は連勝というわけにはいかなかったようです。
ヴィクトリアマイルは東京競馬場ですから、阪神競馬場とはかなり違った能力を要すると思われるので、なかなか両方に強い馬というのは出ないのかもしれません。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 6- 7- 4- 53/ 70 8.6% 18.6% 24.3%
5歳 2- 3- 3- 43/ 51 3.9% 9.8% 15.7%
6歳 1- 0- 3- 20/ 24 4.2% 4.2% 16.7%
7歳 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

4歳馬が圧倒的に強い結果になっています。
5歳と6歳ではそれほど大きな違いは出ないようです。
7歳以上はかなり厳しいと言えると思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-15/17 5.9% 5.9% 11.8%
2枠 2- 0- 2-14/18 11.1% 11.1% 22.2%
3枠 1- 0- 0-17/18 5.6% 5.6% 5.6%
4枠 2- 3- 2-13/20 10.0% 25.0% 35.0%
5枠 1- 3- 0-16/20 5.0% 20.0% 20.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 0- 3-20/23 0.0% 0.0% 13.0%
8枠 2- 3- 0-20/25 8.0% 20.0% 20.0%

3枠の成績が比較的悪いようですが、隣の2枠と4枠は比較的好成績を残しています。
1枠と8枠では8枠の方が優勢ということもあり、あまり枠によって有利不利は無いように思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
平地・先行 2- 2- 2- 31/ 37 5.4% 10.8% 16.2%
平地・中団 4- 4- 7- 46/ 61 6.6% 13.1% 24.6%
平地・後方 1- 4- 0- 48/ 53 1.9% 9.4% 9.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げの成績が一番良くなっていますが、先行と中団では中団の方が成績が良くなっています。
後方も連対率では他の脚質と互角とも言えますので、どの脚質でも勝負は出来ると思われます。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
2番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
3番人気 0- 3- 2- 5/ 10 0.0% 30.0% 50.0%
4番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
5番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から5番人気まではほぼ互角になっています。
しかし、7番人気と9番人気も好走しており、比較的下位人気まで考慮する必要がありそうです。
しかし、12番人気以下は全く3着内に入っておらず、あまりにも下位人気までは、上位に入ることはなさそうです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 7- 2- 2- 24/ 35 20.0% 25.7% 31.4%
前走2着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
前走3着 1- 2- 2- 7/ 12 8.3% 25.0% 41.7%
前走4着 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
前走5着 1- 1- 2- 9/ 13 7.7% 15.4% 30.8%
前走6~9着 1- 1- 1- 26/ 29 3.4% 6.9% 10.3%
前走10着~ 0- 1- 2- 53/ 56 0.0% 1.8% 5.4%

前走1着の勝率が大きく抜けているようです。
軸馬は前走1着から選ぶことが無難かもしれません。
しかし、複勝率は前走5着までは大きく変わらず、紐は前走掲示板に載る程度に好走した馬でも十分に検討が必要と思われます。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
うずしお1600 1- 1- 2-10/14 7.1% 14.3% 28.6%
阪急杯G3 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0%
東京新聞G3 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
大阪城SH 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
洛陽S 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
有馬記念G1 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
心斎橋H1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
山城S1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
節分SH1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
オーロカH 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
京都牝馬G3 0- 3- 4-15/22 0.0% 13.6% 31.8%
中山牝馬HG3 0- 1- 0-15/16 0.0% 6.3% 6.3%
六甲S 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
阪神カッG2 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
洛陽SH 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
飛鳥S1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
JCG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
高松宮記G1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%

前走のレースにもあまり傾向は無く、1600万下でも優勝する馬は多いですし、重賞だからと言って好走するわけでもなさそうです。
実際の実力を見極めることが大切と言えると思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense