第50回 ダービー卿チャレンジトロフィー 予想&結果

2018年3月31日
中山競馬場 G3 第50回 ダービー卿チャレンジトロフィー 芝1600m

◎ 9 ヒーズインラブ
○ 7 ゴールドサーベラス
▲ 2 レッドアンシェル
△ 4 グレーターロンドン
× 1 アデイインザライフ

中山競馬場ではG3のダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。
伝統あるハンデ戦ということなのですが、出走馬は少し小粒のような気がします。
◎○印は1600万下を勝ったばかりの馬になっています。

◎印は9 ヒーズインラブ。
前走は1600万下ですが、不思議とこのレースと相性の良い武庫川ステークスの勝ち馬です。
中山競馬場芝1600mも2勝2着1回3着1回4着1回と好走例が多いです。
もともと相手なりに走る馬だと思うのですが、昨夏の札幌競馬場でのレース以外は大きく負けることなく走りきっています。
ここはハンデも55kgと手頃だと思うので、上位進出を期待したいと思います。

○印は7 ゴールドサーベラス。
こちらも1600万下の幕張ステークスを勝ったばかりの馬になります。
この馬も中山競馬場芝1600mは非常に得意としていて、1着3回2着1回着外1回となっています。
着外は4歳時の500万下のレースなので無視しても問題ないと思います。
近走ではこのコースで2連勝中。
その勢いで一気に重賞もこなして欲しいと思います。
ハンデは54kgと少し軽めです。
後ろから一気に飛んでくると面白いなと思っています。

▲印は2 レッドアンシェル。
明け4歳馬にハンデ56.5kgはちょっと厳しいなと思っています。
ただ、3歳時にはNHKマイルカップで4着に入った素質馬。
2歳時の朝日杯フューチュリティステークス以外は5着以下になったことはなく、前走の京都金杯3着を考えても、ここでは実力は上位と言えると思います。

△印は4 グレーターロンドン。
昨年春までは絶好調だったのですが、それ以降の成績が案外となっています。
とはいえ、安田記念で0.1秒差4着とG1でも通用する実力は持っていますので、注意は必要だと思います。
ただ、前走の東京新聞杯は9着と大敗。
少し買いづらい状況になっているとは思います。

×印は1 アデイインザライフ。
分析ではあまり成績の良くない7歳馬ということでこの印までです。
1年以上の休養明けを一叩きしてここが勝負ではないかと思っています。
3歳時には弥生賞3着、休養前には新潟記念優勝と力はあると思いますが、どれだけ勝負感が戻っているかが難しいところだと思います。
騎手は北村宏司騎手ですから、調整の一環として出てきたとも考えにくいと思います。
1年以上の休養明けでも同コースで0.3秒差7着。
ハンデは57kgと見込まれましたが、一叩きの効果が出れば、上位争いも可能だと思います。

【結果】
1着 ◎  9 ヒーズインラブ
2着    3 キャンベルジュニア
3着   15 ストーミーシー
4着    6 テオドール
5着 △  4 グレーターロンドン

1着は予想どおり9 ヒーズインラブ。
中団からいい脚を使って危なげない勝利でした。
やはり武庫川ステークスとの相性がいいレースなのでしょうか?
2着の3 キャンベルジュニアは来たら仕方ないと思いながらも、近走から切ってしまった馬でした。
やはり中山競馬場との相性は良かったようですね。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense