第54回 金鯱賞 予想&結果

2018年3月11日
中京競馬場 G2 第54回 金鯱賞 芝2000m

◎ 9 スワーヴリチャード
○ 5 サトノダイヤモンド
▲ 1 ヤマカツエース
△ 2 メートルダール
× 6 ダッシングブレイズ

中京競馬場ではG2の金鯱賞が行われます。
G1の大阪杯の前哨戦として有力馬が参戦していますので、非常に楽しみな一戦です。
馬場状態も、現在は稍重ですが、発走の頃には良まで回復しているのではないかと思っています。

◎印は9 スワーヴリチャード。
5 サトノダイヤモンドがまだ完調ではないようなので、こちらを◎印にしました。
単勝1倍台の圧倒的な1番人気なのでちょっと馬券的には面白くないですね。
昨年の共同通信杯優勝、アルゼンチン共和国杯優勝から、距離の芝2000mは全く問題ないと思います。
しかもこの重賞2つは東京競馬場ですから、左回りで同じような形態の中京競馬場も得意としているのではないかと推測します。

○印は5 サトノダイヤモンド。
これまでの実績で○印にしましたが、上位人気馬で惨敗するとすればこの馬とも思っています。
まだ完調にはほど遠いようですが、地力で上位に入ってこられるかが勝負の鍵だと思っています。
キタサンブラック引退後の中長距離はこの馬が引っ張らないといけないと思っていますが、昨年の海外遠征が馬の調子に大きく響いているような気がします。
このレースがこの馬にとっての試金石になるかもしれません。

▲印は1 ヤマカツエース。
金鯱賞3連覇のかかったレースになりますね。
それだけ中京競馬場芝2000mはこの馬に合うのだと思います。
昨年末は中長距離馬のG1ルートで天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念と使われましたが、あまり成績が良くなかったのは少し心配なところです。
去年の夏までは好調だったので、立て直しができていれば上位2頭を脅かす存在になると思います。

△印は2 メートルダール。
3歳時から重賞で好走を続けていた馬が、前走の中日新聞杯で初の重賞勝利。
左回りの競馬場で使われることが多く、陣営もサウスポーと思っているのではないかと思います。
同コースの重賞で優勝した経験は大きいと思いますので、このレースでも良い勝負ができるのではないかと思っています。

×印は6 ダッシングブレイズ。
この馬にとっては芝2000mは少し距離が長いのかもしれません。
しかし、2走前は東京競馬場で芝1800mのエプソムカップで初の重賞制覇をしていますので、もう1ハロン辛抱できれば、上位進出も可能だと思います。
前走の小倉大賞典も芝1800mで4着ですから、年とともに、距離適性が長い方に動いているのかもしれません。
その前走も9か月近い休養明けで4着ですから、叩き2走目の今回は穴馬として期待したいと思います。

【結果】
1着 ◎  9 スワーヴリチャード
2着    4 サトノノブレス
3着 ○  5 サトノダイヤモンド
4着 ▲  1 ヤマカツエース
5着 ×  6 ダッシングブレイズ

1着はきっちりと差し切った9 スワーヴリチャード。
この馬が勝ったのは仕方ないところ。
問題は、超スローペースに4 サトノノブレスをあんなに簡単に逃がしてしまうところ。
この馬の2着は稍重までしか回復しなかった馬場と超スローペースのおかげと思っておきます。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense