第54回 金鯱賞 過去10年のデータ分析

2018年3月11日
中京競馬場 G2 第54回 金鯱賞 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ヤマカツエース
2016年 ヤマカツエース
2015年 ミトラ
2014年 ラストインパクト
2013年 カレンミロティック
2012年 オーシャンブルー
2011年 ルーラーシップ
2010年 アーネストリー
2009年 サクラメガワンダー
2008年 エイシンデピュティ

このレースはG2に昇格してからは、宝塚記念の前哨戦だったり、有馬記念の前哨戦だったりして、昨年からは新設されたG1の大阪杯の前哨戦として行われています。
まだこの時期の開催のデータが少ないのでデータ分析は難しいですが、とりあえず過去10年で分析したいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 2- 0- 5/ 7 0.0% 28.6% 28.6%
4歳 4- 3- 2- 17/ 26 15.4% 26.9% 34.6%
5歳 3- 1- 6- 32/ 42 7.1% 9.5% 23.8%
6歳 2- 3- 3- 31/ 39 5.1% 12.8% 20.5%
7歳 1- 1- 0- 19/ 21 4.8% 9.5% 9.5%
8歳 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%

この時期の開催になったため3歳は無視できるとして、成績が良いのは4歳となっています。
次いで5歳、6歳ということですが、若い馬が健闘していると言えると思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 0-14/15 0.0% 6.7% 6.7%
2枠 1- 0- 2-12/15 6.7% 6.7% 20.0%
3枠 1- 2- 3-11/17 5.9% 17.6% 35.3%
4枠 1- 0- 3-14/18 5.6% 5.6% 22.2%
5枠 1- 1- 3-15/20 5.0% 10.0% 25.0%
6枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
7枠 3- 1- 0-17/21 14.3% 19.0% 19.0%
8枠 2- 3- 0-18/23 8.7% 21.7% 21.7%

7枠と8枠に勝ち馬は多いですが、複勝率はそれほど高くありません。
複勝率が高くなっているのは3枠となっているため、それほど枠順にこだわることはないかもしれません。
ただし、1枠だけは非常に成績が悪くなっています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 4- 0- 6/ 11 9.1% 45.5% 45.5%
平地・先行 3- 4- 3- 24/ 34 8.8% 20.6% 29.4%
平地・中団 5- 2- 7- 46/ 60 8.3% 11.7% 23.3%
平地・後方 0- 0- 1- 41/ 42 0.0% 0.0% 2.4%
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

逃げの成績が良くなっていますが、これはコース改修前の成績が影響しているかもしれません。
基本的には前で競馬する馬が有利になっていますが、中団も絶対数では大きく負けていないので注意が必要です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 1- 0- 4/ 10 50.0% 60.0% 60.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
5番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
14番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気が5勝と圧倒しています。
1着馬は6番人気までしか出ていませんが、2着馬が6番人気から9番人気で6頭出ているため、紐荒れしやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 1- 3- 11/ 17 11.8% 17.6% 35.3%
前走2着 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
前走3着 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
前走4着 1- 2- 2- 4/ 9 11.1% 33.3% 55.6%
前走5着 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
前走6~9着 2- 4- 3- 33/ 42 4.8% 14.3% 21.4%
前走10着~ 1- 0- 1- 47/ 49 2.0% 2.0% 4.1%

前走は1着と2着が有利となっています。
しかし、前走6着以下も3-4-4-80とそれなりの成績にはなっていますので注意が必要です。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
天皇賞秋G1 1- 2- 2- 8/13 7.7% 23.1% 38.5%
産経大阪G2 1- 2- 0- 4/ 7 14.3% 42.9% 42.9%
アルゼンHG2 1- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 18.2%
有馬記念G1 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
京都記念G2 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
福島記念HG3 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
京都大賞G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
中日新聞HG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
札幌日経 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
DSCG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
新潟大賞HG3 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0%
小倉大賞HG3 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
小倉記念HG3 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
八坂S1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
甲斐路H1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
アンタレG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
宝塚記念G1 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
都大路S 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
アンドロH 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
エリザベG1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
毎日王冠G2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
白富士S 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
メルボル1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

開催時期が2回変わっているのであまり参考にはならないと思います。
基本的には前走重賞の馬が強いという傾向はあると思います。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense