第36回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス 過去10年のデータ分析

2018年3月10日
中山競馬場 G3 第36回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス 芝1800m

◆過去10年の優勝馬

2017年 トーセンビクトリー
2016年 シュンドルボン
2015年 バウンスシャッセ
2014年 フーラブライド
2013年 マイネイサベル
2012年 レディアルバローザ
2011年 レディアルバローザ
2010年 ニシノブルームーン
2009年 キストゥヘヴン
2008年 ヤマニンメルベイユ

ヴィクトリアマイルの前哨戦に位置づけられているのですが、優勝馬はあまり本番では活躍できていないようです。
やはりG3のハンデ重賞とは格が違うということでしょうか。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 3- 1- 51/ 57 3.5% 8.8% 10.5%
5歳 5- 4- 4- 38/ 51 9.8% 17.6% 25.5%
6歳 3- 4- 2- 29/ 38 7.9% 18.4% 23.7%
7歳 0- 0- 2- 11/ 13 0.0% 0.0% 15.4%
8歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

このレースでは5歳と6歳が好走しやすいようです。
出走数は多いのですが、4歳はそれほど活躍できておらず、複勝率も5歳と6歳の半分以下と沈んでいます。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 2- 0- 16/ 18 0.0% 11.1% 11.1%
51.5~53kg 5- 3- 4- 48/ 60 8.3% 13.3% 20.0%
53.5~55kg 3- 4- 3- 46/ 56 5.4% 12.5% 17.9%
55.5~57kg 2- 2- 2- 18/ 24 8.3% 16.7% 25.0%
57.5~59kg 0- 0- 0- 0/ 0
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

非常に軽ハンデの51kg以下の馬に好走は少ないですが、それ以上であれば、大きな違いはなさそうです。
牝馬としては比較的重い55.5kg~57kgでも好走例は多いです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 2-17/19 0.0% 0.0% 10.5%
2枠 3- 0- 3-14/20 15.0% 15.0% 30.0%
3枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 3- 0-16/20 5.0% 20.0% 20.0%
5枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
7枠 1- 3- 0-16/20 5.0% 20.0% 20.0%
8枠 1- 1- 2-17/21 4.8% 9.5% 19.0%

最内枠の1枠はあまり成績が良くないのですが、その内の2枠は最も成績が良くなっています。
3枠から外はあまり違いがないことから、枠による有利不利はなさそうな感じがします。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 3- 2- 1- 29/ 35 8.6% 14.3% 17.1%
平地・中団 6- 5- 5- 45/ 61 9.8% 18.0% 26.2%
平地・後方 0- 3- 3- 47/ 53 0.0% 5.7% 11.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

最後に急坂が待ち構えていることから、中団の成績が良くなっています。
とはいえ、勝率は逃げ・先行・中団ともに大きく変わらないため、コースへの適性も重要だと思われます。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
2番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
3番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
14番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
15番人気 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

成績が最も良いのは4番人気となっており、1番人気でもそれほど好走しているわけではなさそうです。
また、15番人気まで3着内に入っていることから、非常に荒れやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 0- 3- 1- 17/ 21 0.0% 14.3% 19.0%
前走2着 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
前走3着 2- 0- 3- 7/ 12 16.7% 16.7% 41.7%
前走4着 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
前走5着 2- 2- 1- 6/ 11 18.2% 36.4% 45.5%
前走6~9着 5- 2- 2- 38/ 47 10.6% 14.9% 19.1%
前走10着~ 1- 2- 2- 52/ 57 1.8% 5.3% 8.8%

前走は1着や2着であるより、3着から5着である方が3着内に入りやすいようです。
また、前走6着以下であっても6-4-4-90となっていることから、前走で凡走していても上位に入ることは多そうです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
愛知杯HG3 3- 1- 2-18/24 12.5% 16.7% 25.0%
初音S1600 1- 1- 1-10/13 7.7% 15.4% 23.1%
東京新聞G3 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
京都牝馬G3 1- 0- 4-23/28 3.6% 3.6% 17.9%
白富士S 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
日経新春HG2 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
エリザベG1 1- 0- 0-12/13 7.7% 7.7% 7.7%
アンドロH 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
エンプG2 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
中山金杯HG3 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
ターコイH 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
阪急杯G3 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
有馬記念G1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
飛鳥S1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
但馬SH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
節分SH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%

もしかしたら前走は牝馬限定よりも牡馬混合戦の方が良いかもしれません。
愛知杯組の成績も決して悪くはないのですが、京都牝馬ステークスはあまり良くなく、東京新聞杯組などは成績が良くなっています。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense