第68回 東京新聞杯 予想&結果

2018年2月4日
東京競馬場 G3 第68回 東京新聞杯 芝1600m

◎ 8 リスグラシュー
○ 1 アドマイヤリード
▲ 16 グレーターロンドン
△ 7 クルーガー
× 9 ハクサンルドルフ

東京競馬場ではG3の東京新聞杯が行われます。
現在の馬場状態は稍重で天候曇ということなので、発走までに回復するかどうかは難しいところかもしれませんし、もしも良馬場になったとしても結構重い馬場になるかもしれません。

◎印は8 リスグラシュー。
坂路調教は非常に良いと思います。
体調も万全で臨戦態勢を迎えて出走してこれるものと思っています。
オークスの5着とエリザベス女王杯の8着だけがこれまでの戦績では馬券圏外。
やはり芝2000mを超える距離は少し長いのではないかと思っています。
今回は得意と言えるマイル戦ですから、非常に期待したいと思います。
重馬場の秋華賞でも2着に入っていますので、馬場状態はあまり問わないと思っています。

○印は1 アドマイヤリード。
昨年のヴィクトリアマイルを稍重の馬場で勝っていますから、こちらもコース・馬場状態ともに特に問題ないと思っています。
この馬も芝1600mが一番力を出せる舞台だと思っていますので、G1馬の実績に恥じないレースをしてくれると思っています。

▲印は16 グレーターロンドン。
不良馬場だった天皇賞(秋)の大敗は仕方ないとして、後のレースは大きく負けていないところが長所だと思います。
ただ、5連勝してオープン特別を勝った頃の勢いはあまり感じられず、前走もオープン特別で3着となっています。
今回、騎手が川田将雅騎手に乗り替わりになりますので、新しい味が出ると面白い一頭だと思っています。

△印は7 クルーガー。
前走は京都金杯で惜しくも0.1秒差2着。
3走前は休養明けで同コースの富士ステークスを3着となっていますので、コース・馬場状態もあまり苦にしないと思われます。
初のG1挑戦だった2走前のマイルチャンピオンシップでも順位こそ7着ですが、タイム差は0.3秒と大きく負けてはいませんので、マイル戦においては、上位の力があると思っています。

×印は9 ハクサンルドルフ。
前走は1600万下を勝ちオープン入り。
その1600万下のレースは不良馬場の東京競馬場芝1800mですから、この馬もコース・馬場状態をあまり問わないと思っています。
今回騎乗するのは戸崎圭太騎手で、この騎手が乗ったときは2戦2着2回と好成績です。
昇級戦になりますが、かつてはNHKマイルカップでメジャーエンブレムの0.3秒差6着に入った馬ですから、もしかしたら、上位に食い込んでくるかもしれないと思っています。

【結果】
1着 ◎  8 リスグラシュー
2着    3 サトノアレス
3着   15 ダイワキャグニー
4着    2 デンコウアンジュ
5着    4 ディバインコード

印を打った馬は1着に入った8 リスグラシューのみと少しさみしい結果。
私の予想した人気馬が調子が悪かっただけで、人気馬壊滅というわけでもなく、少し自己嫌悪に陥る結果です。
ただ、このレース自体はかなり混戦だったことが多少救いだと思っています。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング