第56回 スポーツニッポン賞京都金杯 予想&結果

2018年1月6日
京都競馬場 G3 第56回 スポーツニッポン賞京都金杯 芝1600m

◎ 7 レッドアンシェル
○ 9 ブラックムーン
▲ 2 ラビットラン
△ 13 クルーガー
× 12 ウインガニオン

京都競馬場ではG3のスポーツニッポン賞京都金杯が行われます。
今後のマイル路線の方向性がある程度見えるレースかもしれないので、期待して観戦したいと思います。

◎印は7 レッドアンシェル。
3走前のNHKマイルカップはさすがにG1の壁に跳ね返されたようですし、2走前は初の古馬との対戦の富士ステークスでこちらも古馬の壁に跳ね返されたようです。
それでも両レースともに4着と大きく負けておらず、今後に期待が持てる状況だったと思います。
前走はリゲルステークスで3歳馬が上位を占める中、最先着の優勝。
ハンデ56kgも適当でしょうから、今後のマイル路線での活躍を期待したいと思います。

○印は9 ブラックムーン。
そのリゲルステークスでは7 レッドアンシェルの0.4秒差5着。
しかし、その時の斤量差は3kgに対して、このレースのハンデ差は1kg。
逆転までは厳しいかもしれませんが、差はかなり詰まるのではないかと思っています。
また、2走前のG1のマイルチャンピオンシップでは出走馬最先着の6着になっており、このレースでの好走を期待したいと思います。

▲印は2 ラビットラン。
芝に変わってから走りが大きく変わり、500万下、ローズステークスと連勝。
その後の秋華賞とターコイズステークスはともに4着に敗れていますが、それほど悲観する負け方ではないと思っています。
ターコイズステークスよりハンデは1kg減りますし、勝ち負けまで期待できるのではないかと思っています。

△印は13 クルーガー。
一昨年のマイラーズカップの優勝馬ですから、このコースは非常に得意としていると思います。
昨年のマイラーズカップはちょう1年の休養明けだったので0.9秒差10着に敗れたことは仕方ないと思います。
昨秋の富士ステークス以降順調に使えていることはこの馬にとっては非常に良いことだと思っています。
ただ、ハンデはトップハンデタイの57.5kg。
多少気がかりなところではありますが、実績からしても実力はかなり上位だと思っています。

×印は12 ウインガニオン。
夏にしか走らないという印象が強く、好走するイメージが少し沸きづらいところです。
昨年のマイルチャンピオンシップは1.6秒差17着と大敗ですが、夏は中京記念を勝ち、関屋記念が2着。
ハンデもトップハンデタイの57.5kgとあまり好走する条件は整っていないような気もします。

【結果】
1着 ○  9 ブラックムーン
2着 △ 13 クルーガー
3着 ◎  7 レッドアンシェル
4着    6 ダノンメジャー
5着    8 ストーミーシー

結果的には馬券圏内の1着から3着は印を打った馬なので良かったです。
ただ、×印を打った12 ウインガニオンはやはり冬はだめなのでしょうか。
大差の最下位はかなり気になるところです。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense