第52回 日刊スポーツ賞シンザン記念 過去10年のデータ分析

2018年1月8日
京都競馬場 G3 第52回 日刊スポーツ賞シンザン記念 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 キョウヘイ
2016年 ロジクライ
2015年 グァンチャーレ
2014年 ミッキーアイル
2013年 エーシントップ
2012年 ジェンティルドンナ
2011年 レッドデイヴィス
2010年 ガルボ
2009年 アントニオバローズ
2008年 ドリームシグナル

2012年には女傑ジェンティルドンナが優勝していますし、2014年のミッキーアイルもG1を2勝しています。
2011年には2着に敗れていますがオルフェーヴルも出走しており、3歳馬にとっては登竜門と言えるレースだと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 1-10/15 13.3% 26.7% 33.3%
2枠 1- 2- 2-12/17 5.9% 17.6% 29.4%
3枠 2- 1- 2-13/18 11.1% 16.7% 27.8%
4枠 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3%
5枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
6枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
7枠 1- 0- 1-19/21 4.8% 4.8% 9.5%
8枠 1- 2- 1-17/21 4.8% 14.3% 19.0%

1枠から4枠までの馬が好走しており、5枠から外の成績はかなり落ちると言えます。
スタート直後の直線は長いので、それほど外枠でも問題ないと思いがちなので、注意が必要かと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
平地・先行 5- 3- 4- 26/ 38 13.2% 21.1% 31.6%
平地・中団 1- 4- 4- 45/ 54 1.9% 9.3% 16.7%
平地・後方 2- 2- 1- 44/ 49 4.1% 8.2% 10.2%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ・先行の成績が非常に良くなっています。
中団・後方ではかなり厳しいレースを強いられているようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
2番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
3番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 4- 0- 6/ 10 0.0% 40.0% 40.0%
10番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
12番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

あまり上位人気馬といえども好走しているとは言い難い結果になっています。
確かに1番人気と2番人気はそれなりに走っているのですが、9番人気でも2着4回など複勝率は中位人気まであまり変わらないように感じます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 5- 53/ 64 4.7% 9.4% 17.2%
前走2着 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
前走3着 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
前走4着 3- 1- 1- 10/ 15 20.0% 26.7% 33.3%
前走5着 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
前走6~9着 2- 1- 1- 16/ 20 10.0% 15.0% 20.0%
前走10着~ 1- 2- 1- 20/ 24 4.2% 12.5% 16.7%

一番好走しているのは前走4着の馬。
出走数が多いので前走1着も無視できませんが、勝率・連対率・複勝率ともにかなり低くなっています。
前走6着以下でも3-3-2-36とそれなりに成績は挙げていますので,前走にはあまりこだわる必要はないと思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
フューチG1 3- 2- 1-22/28 10.7% 17.9% 21.4%
千両賞500* 2- 2- 0- 8/12 16.7% 33.3% 33.3%
未勝利* 2- 1- 0-28/31 6.5% 9.7% 9.7%
500万下* 1- 0- 3-18/22 4.5% 4.5% 18.2%
東京スポG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ひいらぎ500* 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
新馬 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
中京2歳 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
つわぶき500* 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
京王杯2G2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
デイリーG2 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
さざんか 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7%
こうやま500* 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
ラジオNIG3 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
秋明菊賞500* 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前走がG1の朝日杯フューチュリティステークスの馬が上位に入ることは多いようですが、率的にはあまり良い結果とはなっていません。
未勝利や500万下から向かってきた馬でも好走していますので、注意した方が良いと思います。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense