第34回 フェアリーステークス 過去10年のデータ分析

2018年1月7日
中山競馬場 G3 第34回 フェアリーステークス 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ライジングリーズン
2016年 ビービーバーレル
2015年 ノットフォーマル
2014年 オメガハートロック
2013年 クラウンロゼ
2012年 トーセンベニザクラ
2011年 ダンスファンタジア
2010年 コスモネモシン
2009年 ジェルミナル

過去10年の優勝馬を見ても桜花賞と直結することは少ないように思われます。
ここを勝てば賞金的には問題なく出走はできるのですが、実績が伴わないのは少し残念です。
今年の馬には期待したいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 2-15/18 5.6% 5.6% 16.7%
2枠 2- 3- 3-10/18 11.1% 27.8% 44.4%
3枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%
4枠 3- 0- 1-14/18 16.7% 16.7% 22.2%
5枠 1- 0- 0-17/18 5.6% 5.6% 5.6%
6枠 0- 1- 0-17/18 0.0% 5.6% 5.6%
7枠 0- 2- 1-15/18 0.0% 11.1% 16.7%
8枠 1- 2- 1-14/18 5.6% 16.7% 22.2%

かなり特殊な形状のコースになっているので、もっと偏った成績になるかと思いましたが、それほどでもないようです。
しかし、5枠と6枠の複勝率の低さは特筆すべき状況だと思いますが、原因はわかりません。
内枠有利と思われるそのままに2枠は非常に成績が良くなっていますが、大外枠の8枠もそれほど悪くはないようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 2- 6/ 11 27.3% 27.3% 45.5%
平地・先行 1- 6- 4- 27/ 38 2.6% 18.4% 28.9%
平地・中団 5- 1- 2- 35/ 43 11.6% 14.0% 18.6%
平地・後方 0- 1- 1- 47/ 49 0.0% 2.0% 4.1%
平地・マクリ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

最後の直線が短いためだと思いますが、逃げの成績がかなり良くなっています。
次いで、複勝率では先行ですが、勝率では中団となっており、最後の急坂の適正で差が出るのかもしれません。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6%
2番人気 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3%
3番人気 2- 0- 1- 6/ 9 22.2% 22.2% 33.3%
4番人気 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
5番人気 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
6番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3%
8番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
9番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 2- 2- 1- 4/ 9 22.2% 44.4% 55.6%
11番人気 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

3番人気までの上位人気馬はそれなりに走っているようですが、10番人気が2勝2着2回3着1回、11番人気が2勝とかなり荒れやすいレースと言えると思います。
下位人気まで注意が必要です。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 5- 4- 45/ 57 5.3% 14.0% 21.1%
前走2着 0- 1- 2- 4/ 7 0.0% 14.3% 42.9%
前走3着 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
前走4着 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 3- 1- 2- 22/ 28 10.7% 14.3% 21.4%
前走10着~ 2- 1- 1- 28/ 32 6.3% 9.4% 12.5%

前走1着が57頭、前走6着以下が60頭出走しているのですが、前走1着が3-5-4-45に対して、前走6着以下が5-2-3-50と大きく変わらない結果になっていると思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
阪神ジュG1 3- 0- 1-12/16 18.8% 18.8% 25.0%
赤松賞500* 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4%
新馬・牝 1- 2- 0- 7/10 10.0% 30.0% 30.0%
未勝利・牝* 1- 1- 2-11/15 6.7% 13.3% 26.7%
新馬 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
アルテミG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
サフラン500* 0- 2- 0- 3/ 5 0.0% 40.0% 40.0%
未勝利* 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4%
葉牡丹賞500* 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ベゴニア500* 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
500万下* 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
黒松賞500* 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
ホープフ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
エリカ賞500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

新馬・未勝利は勝ってここに向かってきているのですが、500万下やオープン特別、重賞は比較的下位に沈んでいるとも考えられます。
とても選択は難しくなるものと思われます。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense