第67回 日刊スポーツ賞中山金杯 過去10年のデータ分析

2018年1月6日
中山競馬場 G3 第67回 日刊スポーツ賞中山金杯 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

2017年 ツクバアズマオー
2016年 ヤマカツエース
2015年 ラブリーデイ
2014年 オーシャンブルー
2013年 タッチミーノット
2012年 フェデラリスト
2011年 コスモファントム
2010年 アクシオン
2009年 アドマイヤフジ
2008年 アドマイヤフジ

今年最初の重賞は中山金杯。
昨年はホープフルステークスが行われたため、あまり間隔が開いておらず、普通に1週間で競馬が行われているといった感じです。
この中山金杯からはラブリーデイという馬が育ちましたが、今年はどうなのでしょうか?
あまり活躍馬を輩出しているという感じのないレースなので少し心配です。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 1- 2- 15/ 20 10.0% 15.0% 25.0%
5歳 2- 4- 4- 22/ 32 6.3% 18.8% 31.3%
6歳 3- 3- 2- 30/ 38 7.9% 15.8% 21.1%
7歳 3- 2- 2- 27/ 34 8.8% 14.7% 20.6%
8歳 0- 0- 0- 18/ 18 0.0% 0.0% 0.0%

4歳から7歳まで大きな差はないようです。
8歳は3着以内に全く入っていませんので割引で良いかと思います。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
51.5~53kg 0- 0- 0- 23/ 23 0.0% 0.0% 0.0%
53.5~55kg 1- 3- 5- 44/ 53 1.9% 7.5% 17.0%
55.5~57kg 6- 5- 3- 41/ 55 10.9% 20.0% 25.5%
57.5~59kg 3- 2- 2- 11/ 18 16.7% 27.8% 38.9%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

斤量は重いほど好走しているという結果になっています。
やはり有力馬が重い斤量を背負わされるので、そのまま強いという結果になっているものと思われます。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 1-15/18 11.1% 11.1% 16.7%
2枠 3- 4- 1-10/18 16.7% 38.9% 44.4%
3枠 2- 0- 2-15/19 10.5% 10.5% 21.1%
4枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
6枠 1- 3- 3-12/19 5.3% 21.1% 36.8%
7枠 1- 0- 0-19/20 5.0% 5.0% 5.0%
8枠 0- 1- 0-20/21 0.0% 4.8% 4.8%

7枠と8枠が壊滅的な成績となっています。
スタート直後に急坂を迎えるコース形態なので、内枠の方が有利なのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
平地・先行 6- 4- 2- 24/ 36 16.7% 27.8% 33.3%
平地・中団 4- 4- 5- 49/ 62 6.5% 12.9% 21.0%
平地・後方 0- 1- 1- 43/ 45 0.0% 2.2% 4.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

逃げ・先行の複勝率が高くなっています。
中団もそれに次いで高くなっていますので、それほど問題はないと思います。
後方の馬は壊滅的に成績が悪くなっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 3- 3/ 10 30.0% 40.0% 70.0%
2番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
4番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
5番人気 1- 2- 3- 4/ 10 10.0% 30.0% 60.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦ですが、人気上位馬が順当に上位を占めているようです。
人気薄の激走はあまり見られないようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 1- 3- 13/ 21 19.0% 23.8% 38.1%
前走2着 1- 2- 1- 5/ 9 11.1% 33.3% 44.4%
前走3着 2- 0- 1- 8/ 11 18.2% 18.2% 27.3%
前走4着 1- 1- 1- 9/ 12 8.3% 16.7% 25.0%
前走5着 0- 3- 0- 7/ 10 0.0% 30.0% 30.0%
前走6~9着 0- 2- 2- 37/ 41 0.0% 4.9% 9.8%
前走10着~ 2- 1- 2- 45/ 50 4.0% 6.0% 10.0%

前走6着以下の馬になると成績がかなり悪くなりますが、前走1着から5着の馬はそれほど大きく複勝率は変わらず、上位進出はしやすいと思われます。
1着となると前走1着から3着が有利な結果になっています。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
金鯱賞G2 2- 1- 0- 6/ 9 22.2% 33.3% 33.3%
鳴尾記念G3 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6%
ディセン 1- 3- 1-23/28 3.6% 14.3% 17.9%
中日新聞HG3 1- 1- 2-11/15 6.7% 13.3% 26.7%
福島記念HG3 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
JCDG1 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
毎日王冠G2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
東京ウェ1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
朝日チャHG3 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3%
マイルチG1 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7%
キャピタ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
チャレンHG3 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0%
新潟記念HG3 0- 0- 2- 2/ 4 0.0% 0.0% 50.0%
天皇賞秋G1 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
セントラG2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

好走した馬の前走はあまり規則性はありませんが、やはり重賞から向かってきた馬が有利かと思います。
前走がG1だったからといっても、それほど成績が良いわけではありません。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense