第34回 ホープフルステークス 予想&結果

平成29年12月28日
中山競馬場 G1 第34回 ホープフルステークス 芝2000m

◎ 7 タイムフライヤー
○ 10 ルーカス
▲ 9 サンリヴァル
△ 15 ジャンダルム
× 13 ステイフーリッシュ

中山競馬場ではG1に昇格したホープフルステークスが行われます。
2歳馬にとっては厳しい条件だと思いますが、来年のクラッシクに直結しやすいレースでしょうから、今後を占うためにも非常に楽しみにしているレースです。

◎印は7 タイムフライヤー。
阪神競馬場芝1800mで未勝利勝ちしており、重馬場で行われた京都競馬場の萩ステークスで快勝。
前走の京都2歳ステークスは残念ながら頭差敗れましたが、能力の底はまだ見せていないと思います。
重馬場の京都競馬場で勝ち、阪神競馬場で未勝利勝ちですから、比較的パワー型の馬なのかなと思います。
そういう面からは中山競馬場芝2000mは合うのではないかと思っています。

○印は10 ルーカス。
G1を6勝したモーリスの全弟ということで非常に注目されている馬です。
前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは素質馬のワグネリアンには3馬身離されて負けていますが、スタートで出遅れながらも2着に粘り込んだという点を評価したいと思います。

▲印は9 サンリヴァル。
同条件のオープン特別の芙蓉ステークスを勝っており、コース適性の面からは評価しやすいと思います。
そのレースは前半がスローペースで前の馬が有利だったのですが、それでも2番手で先行して上がり3F最速タイの脚を使っていることは、今日のレースにも期待できる要素ではないかと思います。

△印は15 ジャンダルム。
新馬、デイリー杯2歳ステークスと連勝中。
ただ、両レースとも距離が芝1600mと少し短めだと思います。
母がビリーヴであり短距離G1を2勝している名牝。
そのため、距離に少しの不安を感じています。

×印は13 ステイフーリッシュ。
まだ新馬を勝ったばかりの1戦1勝馬。
まだまだ未知数のところはあるのですが、前走中京競馬場で見せた末脚が同じように繰り出せれば非常に面白い存在になると思います。

【結果】
1着 ◎  7 タイムフライヤー
2着 △ 15 ジャンダルム
3着 × 13 ステイフーリッシュ
4着 ▲  9 サンリヴァル
5着   17 ナスノシンフォニー

今年の最終戦で◎印を打った馬が1着となって良かったです。
○印を打った10 ルーカスは6着となりましたが、ほぼ予想どおりとなって嬉しいです。
来年もこんな調子で予想できればいいなと思います。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング