第69回 朝日杯フューチュリティステークス 予想&結果

平成29年12月17日
阪神競馬場 G1 第69回 朝日杯フューチュリティステークス 芝1600m

◎ 3 タワーオブロンドン
○ 1 ダノンプレミアム
▲ 12 ダノンスマッシュ
△ 10 ステルヴィオ
× 9 ムスコローソ

阪神競馬場ではG1の朝日杯フューチュリティステークスが行われます。
最終週に同じくG1のホープフルステークスが行われますので、有力馬が分かれていることが考えられますので、2歳王者決定戦というわけにはいかなくなっています。

◎印は3 タワーオブロンドン。
まだ芝1600mを走ったことがないことは少し割引ですが、札幌競馬場で芝1500mは経験済みですので、特に問題は無いのではないかと思っています。
阪神競馬場ではききょうステークスを3馬身以上の差をつけて勝っていますので、適性は十分だと思っています。
中団から差す競馬をするところも過去データからは有利な点だと思っています。

○印は1 ダノンプレミアム。
新馬、サウジアラビアロイヤルカップと危なげなく連勝中です。
新馬は芝1800mで行われていますし、サウジアラビアロイヤルカップは芝1600mと距離には不安がない臨戦過程になっています。
特に前走のサウジアラビアロイヤルカップでは稍重の馬場でレコードタイムを出しており、まだ能力の底が全く見えていないと思います。

▲印は12 ダノンスマッシュ。
この馬も芝1400mを3戦していますが、まだ芝1600mを走っていないところがマイナスかもしれません。
期待の新種牡馬のロードカナロア産駒ですが、マイル戦は少し気がかりなところです。
ただ、勝ったレースは余裕のある勝ち方をしていますので、あと1ハロンなら何とか耐えられるのではないかと思っています。

△印は10 ステルヴィオ。
前走はサウジアラビアロイヤルカップで1 ダノンプレミアムに0.3秒差をつけられて完敗。
ただ、稍重の馬場でほぼ最後方の位置から最後の直線だけで2着まで追い込んできた異次元の末脚は魅力的に映ります。
前回は東京競馬場でしたが、今回も最後の直線が長く、急坂のある阪神競馬場ですから、末脚が炸裂する条件は整っていると思います。

×印は9 ムスコローソ。
現在のところ13番人気と穴馬の扱いになるかと思います。
過去データでは基本的には上位人気馬が好走するということなのですが、一頭くらいは馬券的に面白い馬を入れてみました。
大きく人気を落としている原因は2走前の新潟2歳ステークスの大敗だと思われます。
今まで3戦していて、芝1400mの新馬と500万下は勝っており、このレースだけは1.8秒差12着と大きく負けています。
このレースのペースを見ると前半が超スローペースなので、この馬に合わなかったものと思われます。
ただ、このレースでも1番人気に推された馬ですから、巻き返しがあれば面白いと思います。

【結果】
1着 ○  1 ダノンプレミアム
2着 △ 10 ステルヴィオ
3着 ◎  3 タワーオブロンドン
4着    5 ケイアイノーテック
5着 ▲ 12 ダノンスマッシュ

人気どおり強い馬が強い結果となりましたね。
特に1番人気の1 ダノンプレミアムは2着に3馬身以上を付ける圧勝。
先行しながら上がり3Fも最速タイムと言うことのない結果でした。
距離は伸びますが、来年のクラシックが非常に楽しみな一頭になったと思います。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense