第53回 中日新聞杯 予想&結果

平成29年12月9日
中京競馬場 G3 第53回 中日新聞杯 芝2000m

◎ 11 マキシマムドパリ
○ 13 メートルダール
▲ 2 スズカデヴィアス
△ 12 ロードヴァンドール
× 3 タイセイサミット

中京競馬場ではG3の中日新聞杯が行われます。
今年から冬の開催に戻り過去のデータ分析があまり信用できないことはかなりの難関となります。
また、このレースはハンデ戦ですので、その点も難解さに輪を掛けているような気がします。

◎印は11 マキシマムドパリ。
ハンデはともに53kgだった牝馬限定戦ですが、同コースで行われる愛知杯を今年は優勝、昨年は4着と比較的得意としているコースなのではないかと思っています。
今年はそれ以外にハンデ55kgのマーメイドステークスも優勝し、エリザベス女王杯でも4ちゃくに入っており、今年は充実しているかと思います。
しかし、牡馬混合のレースでは、京都大賞典で9着に敗れており、一抹の不安はあります。

○印は13 メートルダール。
オープンクラスに返り咲いた初戦の関屋記念では12着と敗れていますが、G3では3着が3回ある素質馬と言えると思います。
前走はあまり走る気がなかったような雰囲気ですが、今回はどうなのでしょうか?
3着内に入れなかったのは、前述の関屋記念の他は3歳時のG2の青葉賞とセントライト記念。
ここであれば、実力的には上位になるかと思います。

▲印は2 スズカデヴィアス。
5歳時にはかなりムラがあったような感じですが、6歳になってからは比較的成績が安定していると思われます。
さすがにG1の大阪杯では歯が立ちませんでしたが、同コースで行われるG2の金鯱賞では3着に入る好走。
今年の出来であれば、上位進出も可能だと思っています。

△印は12 ロードヴァンドール。
今年はG1の大阪杯と天皇賞(秋)は大敗。
さすがに一線級とのレースではまだまだ実力差があると思います。
しかし、G2の札幌記念は0.4秒差6着と大きく負けておらず、同コースの金鯱賞では0.2秒差2着に入る好走。
4歳馬ですから、一線級と走ったことによる成長も見込めますし、得意のコースで横山典弘騎手がどのように乗るかも非常に楽しみです。

×印は3 タイセイサミット。
6か月ぶり休養明けとなることが気がかりな点です。
3か月休養明けのメイステークスで、勝利してますので、それほど問題視することは無いかもしれませんが、心情的に少し割引かと思います。
前走のエプソムカップは0.4秒差6着となっており、上位を窺うことの出来る一頭だと思っています。

【結果】
1着 ○ 13 メートルダール
2着   10 ミッキーロケット
3着 △ 12 ロードヴァンドール
4着   17 ショウナンバッハ
5着 ◎ 11 マキシマムドパリ

ハンデ戦でしたが、それほど大きな波乱なく決着したようです。
1番人気の10 ミッキーロケットはトップハンデでしたし、近走少し調子を落としているように思えたので、とりあえず外してみたのですが、やはりG3では力は上位だったようです。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング