第10回 カペラステークス 過去9年のデータ分析

平成29年12月10日
中山競馬場 G3 第10回 カペラステークス ダート1200m

◆過去9年の優勝馬

H28 ノボバカラ
H27 キクノストーム
H26 ダノンレジェンド
H25 ノーザンリバー
H24 シルクフォーチュン
H23 ケイアイガーベラ
H22 セイクリムズン
H21 ミリオンディスク
H20 ビクトリーテツニー

中央の重賞では唯一のダート1200m戦ということになります。
交流G1のJBCスプリントからそれほど時期的に離れていないこともあって、有力馬の参戦は少なめかもしれません。

◆過去9年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 4- 1- 2- 22/ 29 13.8% 17.2% 24.1%
5歳 3- 5- 3- 27/ 38 7.9% 21.1% 28.9%
6歳 2- 3- 2- 26/ 33 6.1% 15.2% 21.2%
7歳 0- 0- 1- 22/ 23 0.0% 0.0% 4.3%
8歳 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

複勝率では4歳から6歳までが互角の戦いをしています。
勝率は4歳が抜けていて、連対率は5歳が優秀な結果となっています。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 4- 1- 0-12/17 23.5% 29.4% 29.4%
2枠 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
3枠 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8%
4枠 0- 3- 1-14/18 0.0% 16.7% 22.2%
5枠 1- 0- 0-16/17 5.9% 5.9% 5.9%
6枠 0- 2- 3-13/18 0.0% 11.1% 27.8%
7枠 2- 1- 2-13/18 11.1% 16.7% 27.8%
8枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%

スタート直後は芝コースで外枠ほど芝コースを走る距離が長くなっています。
そのため、比較的外枠の複勝率が高くなっているように感じられます。
しかし、勝利数は1枠が4勝と圧倒しているのは、向正面は下りが続き、スピードがつきやすいことに起因しているかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2%
平地・先行 1- 2- 2- 27/ 32 3.1% 9.4% 15.6%
平地・中団 3- 4- 4- 44/ 55 5.5% 12.7% 20.0%
平地・後方 3- 3- 3- 36/ 45 6.7% 13.3% 20.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

スタート直後は下りが続き、スピードがつきやすいことから、前半のペースが速くなり、後半は持久力勝負になりやすいコース形態をしています。
そのため、どの脚質でも複勝率は大きく変わらなくなっているようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
2番人気 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
3番人気 3- 2- 0- 4/ 9 33.3% 55.6% 55.6%
4番人気 2- 1- 0- 6/ 9 22.2% 33.3% 33.3%
5番人気 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
6番人気 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
7番人気 0- 3- 0- 6/ 9 0.0% 33.3% 33.3%
8番人気 0- 0- 4- 5/ 9 0.0% 0.0% 44.4%
9番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
12番人気 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%
13番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気に勝利がなく、比較的荒れやすいレースと言えるかもしれません。
複勝率が優秀なのは3番人気となっており、次いで8番人気となっています。
手広く狙うことが必要かと思います。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 2- 2- 23/ 30 10.0% 16.7% 23.3%
前走2着 2- 1- 0- 11/ 14 14.3% 21.4% 21.4%
前走3着 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0%
前走4着 0- 1- 1- 14/ 16 0.0% 6.3% 12.5%
前走5着 2- 1- 0- 8/ 11 18.2% 27.3% 27.3%
前走6~9着 1- 1- 3- 22/ 27 3.7% 7.4% 18.5%
前走10着~ 1- 3- 1- 29/ 34 2.9% 11.8% 14.7%

前走の着順もあまりこのレースの結果には関係なさそうです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
霜月SH 3- 3- 2-10/18 16.7% 33.3% 44.4%
武蔵野SG3 2- 1- 2- 7/12 16.7% 25.0% 41.7%
京都オー 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
オータム 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
エニフS 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
渡月橋S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
JBC・スプG1 0- 1- 2- 9/12 0.0% 8.3% 25.0%
室町SH 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9%
京洛SH 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
テレ玉G3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
太秦S 0- 0- 2-10/12 0.0% 0.0% 16.7%

優勝馬の前走はダート1400mということが多く、特にダート1200mの結果を重視することもないと思われます。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング