第4回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 予想&結果

平成29年11月25日
京都競馬場 G3 第4回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 芝2000m

◎ 2 タイムフライヤー
○ 8 スラッシュメタル
▲ 3 マイハートビート
△ 1 ケイティクレバー
× 7 シスターフラッグ

京都競馬場ではG3のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスが行われます。
芝2000mということもあり、翌年のクラシックに向けて、適性が試されるレースだと思います。
今年からは、暮れにG1のホープフルステークスが新設されましたから、そちらと分散していくかもしれませんね。

◎印は2 タイムフライヤー。
前走は重馬場でしたが萩ステークスを0.7秒差の圧勝。
レースも覚えてきて、前走と同じ京都競馬場ですから、期待したいと思います。

○印は8 スラッシュメタル。
前走は同コースの新馬戦を0.3秒差の勝利。
今回、デムーロ騎手に騎乗を依頼したのは、陣営の自信の表れなのかなと思います。

▲印は3 マイハートビート。
前走は同コースの500万下紫菊賞で優勝。
後方から一気に差し切った脚は魅力的です。
騎手は前走と同じ幸騎手。
2歳戦でペースがゆるむ危険性はありますが、後方一気を見たいところです。

△印は1 ケイティクレバー。
2走前は同コースの未勝利戦を0.7秒差の逃げ切り勝利。
前走は同じく同コースの、500万下黄菊賞で2着とこのコースは得意にしていると思われます。
騎手に一抹の不安がありますが、上手く逃げ切れればと思います。

×印は7 シスターフラッグ。
一頭ぐらいは不人気馬をと思い選択した馬です。
新馬勝ちの後、2戦連続して重賞に挑戦していますが、壁に跳ね返された形になっています。
それでも芝1800mの札幌2歳ステークスは0.3秒差4着に入っていますので、力はあると思います。
前走は芝1600mのアルテミスステークスで、かなり忙しかったとの判断のようですから、この距離延長が良い方に出れば、大駆けもあるのではないかと思っています。

【結果】
1着    6 グレイル
2着 ◎  2 タイムフライヤー
3着 △  1 ケイティクレバー
4着    4 アイトーン
5着 ×  7 シスターフラッグ

1着には2番人気の6 グレイルが入りました。
上位人気のうち、切った馬が上位に入ってくることはいつものことなのですが、何度繰り返しても残念です・・・。
もちろん、6 グレイルも検討対象には入っていましたが、前走は非常に悪い不良馬場ということなので、タイム的には非常に悪く、あまり検討に値しない結果でした。
そのため、良馬場では能力未知数ということで、とりあえず切った次第です。
まあ、仕方ないかな・・・とは思います。

お気に召したら応援よろしくお願いします。

競馬ランキング