第42回 エリザベス女王杯 過去10年のデータ分析

平成29年11月12日
京都競馬場 G1 第42回 エリザベス女王杯 芝2200m

◆過去10年の優勝馬

H28 クイーンズリング
H27 マリアライト
H26 ラキシス
H25 メイショウマンボ
H24 レインボーダリア
H23 スノーフェアリー
H22 スノーフェアリー
H21 クィーンスプマンテ
H20 リトルアマポーラ
H19 ダイワスカーレット

牝馬の最強馬を決めるにふさわしい一戦だと思っています。
牝馬クラシックを戦ってきた3歳馬と古馬が激突する一戦ですし、非常に楽しみにしています。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 4- 4- 3- 36/ 47 8.5% 17.0% 23.4%
4歳 4- 3- 6- 42/ 55 7.3% 12.7% 23.6%
5歳 2- 2- 0- 43/ 47 4.3% 8.5% 8.5%
6歳 0- 1- 1- 12/ 14 0.0% 7.1% 14.3%
7歳 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

3歳と4歳が分け合っている感じがあり、5歳以上の馬は少し分が悪いようです。
7歳以上となると全く3着以内には入ってこれないようです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%
2枠 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8%
3枠 1- 1- 3-14/19 5.3% 10.5% 26.3%
4枠 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0%
5枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
7枠 0- 2- 2-23/27 0.0% 7.4% 14.8%
8枠 3- 2- 1-21/27 11.1% 18.5% 22.2%

比較的走りづらいと思われる8枠が健闘しているようです。
その他の枠はそれほど大きな差は無いようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 1- 7- 1- 27/ 36 2.8% 22.2% 25.0%
平地・中団 7- 3- 7- 58/ 75 9.3% 13.3% 22.7%
平地・後方 0- 0- 1- 43/ 44 0.0% 0.0% 2.3%
平地・マクリ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%

勝率は逃げが高くなっており、連対率、複勝率は2着馬の多い先行が高くなっています。
しかし、1着馬と3着馬の絶対数は中団が多くなっており、後方以外はどのような脚質でも勝負が出来るようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 4- 2- 2/ 10 20.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1- 2- 3- 4/ 10 10.0% 30.0% 60.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
5番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

さすがにG1ともなれば上位人気馬が人気に応えることが多いようです。
時折人気薄も突っ込んできていますが、圧倒的に4番人気程度までが上位に入りやすいようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 3- 31/ 40 7.5% 15.0% 22.5%
前走2着 1- 4- 1- 16/ 22 4.5% 22.7% 27.3%
前走3着 1- 0- 2- 8/ 11 9.1% 9.1% 27.3%
前走4着 2- 0- 1- 15/ 18 11.1% 11.1% 16.7%
前走5着 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1%
前走6~9着 2- 1- 2- 26/ 31 6.5% 9.7% 16.1%
前走10着~ 0- 2- 1- 33/ 36 0.0% 5.6% 8.3%

前走10着以下はさすがに複勝率も悪くなっていますが、その他はそれほど大きな差は無いようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
秋華賞G1 3- 3- 3-25/34 8.8% 17.6% 26.5%
府中牝馬G2 2- 1- 3-32/38 5.3% 7.9% 15.8%
オールカG2 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0%
京都大賞G2 1- 2- 0- 8/11 9.1% 27.3% 27.3%
英センG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
チャンG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
府中牝馬G3 0- 1- 1-25/27 0.0% 3.7% 7.4%
鳴滝特別1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
エルムSG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
スワンSG2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
ヴィクトG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
1000万下 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

さすがに前走が条件戦ではかなり厳しく、重賞をステップにしている馬を中心に考えた方が良さそうです。