第22回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス 過去10年のデータ分析

平成29年11月11日
東京競馬場 G3 第22回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス ダート1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 タガノトネール
H27 ノンコノユメ
H26 ワイドバッハ
H25 ベルシャザール
H24 イジゲン
H23 ナムラタイタン
H22 グロリアスノア
H21 ワンダーアキュート
H20 キクノサリーレ
H19 エイシンロンバード

チャンピオンズカップの前哨戦の武蔵野ステークスですが、近年ではあまり活躍馬を輩出していないような気がします。
今年こそ有力馬が登場することを期待したいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 4- 2- 3- 18/ 27 14.8% 22.2% 33.3%
4歳 1- 1- 2- 23/ 27 3.7% 7.4% 14.8%
5歳 4- 4- 1- 31/ 40 10.0% 20.0% 22.5%
6歳 1- 3- 3- 24/ 31 3.2% 12.9% 22.6%
7歳 0- 0- 1- 21/ 22 0.0% 0.0% 4.5%
8歳 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

若い3歳馬が絶好調と言える成績となっています。
しかし、4歳馬はあまり良くないのですが、5歳馬が巻き返していたりと若ければ良いというわけでもなさそうです。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 1-15/18 0.0% 11.1% 16.7%
2枠 2- 1- 2-13/18 11.1% 16.7% 27.8%
3枠 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%
4枠 2- 1- 2-15/20 10.0% 15.0% 25.0%
5枠 0- 0- 0-20/20 0.0% 0.0% 0.0%
6枠 3- 2- 2-13/20 15.0% 25.0% 35.0%
7枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
8枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%

芝コースのスタートとなっていますが、外枠が有利ということはなさそうです。
ただ、5枠だけは3着以内に全く入っておらず鬼門となっているようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
平地・先行 1- 5- 4- 28/ 38 2.6% 15.8% 26.3%
平地・中団 4- 4- 3- 49/ 60 6.7% 13.3% 18.3%
平地・後方 2- 1- 3- 42/ 48 4.2% 6.3% 12.5%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

スタート直後の3コーナーまでと4コーナーからゴールまでが非常に長くなっていることが特徴的なコース形態となっています。
それでも、逃げ、先行の前で競馬する馬が比較的有利となっています。
ただし、中団も絶対数は多いので注意が必要です。

○人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 3- 2- 3/ 10 20.0% 50.0% 70.0%
2番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
3番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0%
5番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
6番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%
7番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
8番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
9番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

勝ち馬は9番人気まで満遍なく出ており、軸を決めにくいレースと言えると思います。
2着馬は上位人気で占めていますが、3番人気は11番人気まで満遍なくとなっており、比較的荒れやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 3- 4- 27/ 40 15.0% 22.5% 32.5%
前走2着 0- 3- 1- 13/ 17 0.0% 17.6% 23.5%
前走3着 1- 2- 0- 10/ 13 7.7% 23.1% 23.1%
前走4着 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7%
前走5着 1- 1- 2- 12/ 16 6.3% 12.5% 25.0%
前走6~9着 1- 1- 1- 25/ 28 3.6% 7.1% 10.7%
前走10着~ 0- 0- 2- 26/ 28 0.0% 0.0% 7.1%

前走1位の馬が6勝となっており、比較的上位に入りやすいようです。
基本的には前走5着以内の馬を狙うことが複勝率から考えても好成績に繋がりやすいと思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ペルセウ 1- 2- 0- 7/10 10.0% 30.0% 30.0%
ジャパG1 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0%
ブラジルH 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
プロキオG3 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
シリウスHG3 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
エルコン 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
サマーG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
秋嶺S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
阿蘇SH 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ながつき1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
マイルG1 0- 3- 0- 7/10 0.0% 30.0% 30.0%
日本TG2 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
室町SH 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
南部杯G1 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
アハルテH 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
ペルセウH 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0%
グリーン 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
秋嶺SH1600 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
府中牝馬G3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
東京Gプ1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
中京記念HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
JCDG1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走のレースは格が一定せず、どのレースをステップにしたかはあまり問題ではないようです。
前走が条件戦でも上位に食い込む馬は多いので注意が必要です。