第8回 みやこステークス 過去7年のデータ分析

平成29年11月5日
京都競馬場 G3 第8回 みやこステークス ダート1800m

◆過去7年の優勝馬

H28 アポロケンタッキー
H27 ロワジャルダン
H26 インカンテーション
H25 ブライトライン
H24 ローマンレジェンド
H23 エスポワールシチー
H22 トランセンド

G1のチャンピオンズカップの前哨戦として行われる中央でのダート重賞です。
さすがに中央なので、有力馬の参戦も多く、非常に楽しみな一戦です。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 3- 1- 8/12 0.0% 25.0% 33.3%
4歳 6- 2- 1-20/29 20.7% 27.6% 31.0%
5歳 0- 2- 4-36/42 0.0% 4.8% 14.3%
6歳 1- 0- 0-15/16 6.3% 6.3% 6.3%
7歳 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
8歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

3歳の参戦も多く、優勝までは厳しいようですが、2着には3頭が入っており、十分に通用すると言えると思います。
複勝率では並んで4歳が抜けた成績になっていますが、こちらは勝ち馬を6頭輩出しており、一番勢いのある年齢と言えると思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 1-10/13 15.4% 15.4% 23.1%
2枠 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5%
3枠 1- 2- 2- 8/13 7.7% 23.1% 38.5%
4枠 0- 2- 1-10/13 0.0% 15.4% 23.1%
5枠 1- 0- 1-11/13 7.7% 7.7% 15.4%
6枠 0- 1- 0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
7枠 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
8枠 0- 0- 0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%

6枠より外の成績があまり良くないようです。
逆に2枠と3枠の成績が非常に良いので、内枠有利といえると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
平地・先行 3- 2- 4- 17/ 26 11.5% 19.2% 34.6%
平地・中団 3- 3- 3- 28/ 37 8.1% 16.2% 24.3%
平地・後方 0- 1- 0- 34/ 35 0.0% 2.9% 2.9%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ、先行、中団がほぼ互角の戦いと言えると思います。
後方はかなり厳しい状況です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 2- 1- 2/ 7 28.6% 57.1% 71.4%
2番人気 3- 0- 0- 4/ 7 42.9% 42.9% 42.9%
3番人気 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
4番人気 1- 1- 2- 3/ 7 14.3% 28.6% 57.1%
5番人気 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6%
6番人気 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
7番人気 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9%
8番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
10番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

比較的人気馬が好走していると言えると思います。
10番人気以下は全く複勝圏内に入ってきていませんので、基本的には、上位人気馬を中心に考えた方が良いと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 1- 23/ 30 6.7% 20.0% 23.3%
前走2着 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
前走3着 1- 0- 2- 10/ 13 7.7% 7.7% 23.1%
前走4着 2- 0- 1- 10/ 13 15.4% 15.4% 23.1%
前走5着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 1- 2- 1- 10/ 14 7.1% 21.4% 28.6%
前走10着~ 0- 0- 0- 23/ 23 0.0% 0.0% 0.0%

前走4着までの馬が6-5-6-49と過去7年ですから非常に好調と言えると思います。
逆に前走10着以下は全く複勝圏内に入ってきておりませんので、あまり大きな変わり身は期待しない方が良いかもしれません。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ブラジルH 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
エルムSG3 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0%
ラジオ日 1- 1- 1- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
日本TG2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
南部杯G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
シリウスHG3 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3%
白山大G3 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0%
レパードG3 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
京都クラ1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
平安SG3 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
帝王賞G1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前走に関しては重賞の経験があった方が良いかもしれませんが、オープン特別や条件戦から上位に食い込む馬もいますので注意は必要です。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense