第55回 アルゼンチン共和国杯 過去10年のデータ分析

平成29年11月5日
東京競馬場 G2 第55回 アルゼンチン共和国杯 芝2500m

◆過去10年の優勝馬

H28 シュヴァルグラン
H27 ゴールドアクター
H26 フェイムゲーム
H25 アスカクリチャン
H24 ルルーシュ
H23 トレイルブレイザー
H22 トーセンジョーダン
H21 ミヤビランベリ
H20 スクリーンヒーロー
H19 アドマイヤジュピタ

ハンデ戦なので少し格落ち感があるのですが、ジャパンカップや有馬記念を目指す長距離馬のステップレースとして選ばれることが多いようです。
実際に、この後のG1で活躍する馬も多く、侮れない馬が出走する一戦と言えると思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7%
4歳 8- 4- 4- 26/ 42 19.0% 28.6% 38.1%
5歳 0- 4- 3- 42/ 49 0.0% 8.2% 14.3%
6歳 2- 2- 1- 34/ 39 5.1% 10.3% 12.8%
7歳 0- 0- 0- 16/ 16 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 0- 0- 0- 15/ 15 0.0% 0.0% 0.0%

出走数の少ない3歳を除けば、4歳が圧倒的に勝率が高くなっています。
過去10年の内に8回が4歳馬の優勝となっており、圧倒的に優位に立っていると思います。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 0- 1- 14/ 15 0.0% 0.0% 6.7%
51.5~53kg 1- 0- 2- 24/ 27 3.7% 3.7% 11.1%
53.5~55kg 2- 3- 4- 44/ 53 3.8% 9.4% 17.0%
55.5~57kg 5- 4- 1- 40/ 50 10.0% 18.0% 20.0%
57.5~59kg 2- 3- 2- 17/ 24 8.3% 20.8% 29.2%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

軽ハンデの馬があっと言わせることは少ないようです。
やはりハンデ戦とはいえ、長距離G2ということも関係していると思われます。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
2枠 2- 1- 2-15/20 10.0% 15.0% 25.0%
3枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
4枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
5枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
6枠 3- 1- 1-15/20 15.0% 20.0% 25.0%
7枠 1- 2- 2-22/27 3.7% 11.1% 18.5%
8枠 0- 1- 1-25/27 0.0% 3.7% 7.4%

1枠と8枠の成績が悪くなっていますが、その他はほぼフラットと言えると思います。
それほど枠は大きく気にしなくても良いと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 4- 3- 2- 24/ 33 12.1% 21.2% 27.3%
平地・中団 5- 7- 5- 62/ 79 6.3% 15.2% 21.5%
平地・後方 0- 0- 3- 47/ 50 0.0% 0.0% 6.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

先行と中団が五分の戦いをしているようです。
逃げと後方の極端な脚質はかなり厳しい状況です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 4- 2- 0- 4/ 10 40.0% 60.0% 60.0%
3番人気 2- 1- 4- 3/ 10 20.0% 30.0% 70.0%
4番人気 0- 5- 0- 5/ 10 0.0% 50.0% 50.0%
5番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

ハンデ戦ですが、5番人気までで8-9-5-28となっており、比較的荒れにくいレースと言えると思います。
やはり斤量よりも長距離の適性の方が重要なのかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 4- 18/ 28 10.7% 21.4% 35.7%
前走2着 2- 0- 1- 9/ 12 16.7% 16.7% 25.0%
前走3着 0- 2- 1- 8/ 11 0.0% 18.2% 27.3%
前走4着 2- 1- 0- 9/ 12 16.7% 25.0% 25.0%
前走5着 0- 1- 1- 15/ 17 0.0% 5.9% 11.8%
前走6~9着 2- 3- 2- 41/ 48 4.2% 10.4% 14.6%
前走10着~ 1- 0- 1- 41/ 43 2.3% 2.3% 4.7%

前走好走している馬が上位に入りやすいと言えると思います。
しかし、6着以下でも3-3-3-82と無視できる成績ではないと思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
オールカG2 2- 3- 0-17/22 9.1% 22.7% 22.7%
オクトH1600 2- 2- 1- 7/12 16.7% 33.3% 41.7%
アイルラ 2- 0- 2-11/15 13.3% 13.3% 26.7%
宝塚記念G1 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
札幌記念G2 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
古都SH1600 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
鳴滝特別1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
京都大賞G2 0- 2- 1-29/32 0.0% 6.3% 9.4%
天皇賞春G1 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
大原S1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
本栖湖H1000 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7%
日本海S1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
東京優駿G1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走に関してはG1から条件戦まで多岐にわたっており、格だけで判断することは難しいと思います。