第156回 天皇賞(秋) 過去10年のデータ分析

平成29年10月29日
東京競馬場 G1 第156回 天皇賞(秋) 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

H28 モーリス
H27 ラブリーデイ
H26 スピルバーグ
H25 ジャスタウェイ
H24 エイシンフラッシュ
H23 トーセンジョーダン
H22 ブエナビスタ
H21 カンパニー
H20 ウオッカ
H19 メイショウサムソン

伝統の一戦の天皇賞(秋)となると勝ち馬には名馬が並んでいるといっても過言ではないと思います。
今年もどの馬が優勝するのか非常に楽しみな一戦です。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 2- 2- 9/ 13 0.0% 15.4% 30.8%
4歳 4- 6- 2- 30/ 42 9.5% 23.8% 28.6%
5歳 5- 2- 4- 35/ 46 10.9% 15.2% 23.9%
6歳 0- 0- 2- 29/ 31 0.0% 0.0% 6.5%
7歳 0- 0- 0- 30/ 30 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1%

複勝率は3歳が高くなっており、3歳でも十分に通用すると言えると思いますが、勝ち馬は出ていないことは注意しておく必要があると思います。
やはり強いのは4歳と5歳を中心とした若い馬になります。
6歳以上になると厳しい結果になっていますので、やはりそれだけ熾烈な戦いなのだと思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3%
2枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
3枠 0- 0- 3-17/20 0.0% 0.0% 15.0%
4枠 2- 3- 2-13/20 10.0% 25.0% 35.0%
5枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
7枠 1- 2- 1-22/26 3.8% 11.5% 15.4%
8枠 0- 0- 2-26/28 0.0% 0.0% 7.1%

8枠の成績があまり良くなく、反面、1枠と4枠の成績が良くなっています。
7枠の成績はそれほど悪くないので、大外枠の8枠は少し割引かもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 3- 4- 2- 30/ 39 7.7% 17.9% 23.1%
平地・中団 7- 4- 4- 64/ 79 8.9% 13.9% 19.0%
平地・後方 0- 1- 4- 40/ 45 0.0% 2.2% 11.1%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

先行と中団が分け合っているような成績となっています。
逃げや後方といった極端な脚質はかなり厳しくなっているようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 2- 2- 1/ 10 50.0% 70.0% 90.0%
2番人気 0- 3- 2- 5/ 10 0.0% 30.0% 50.0%
3番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 4- 0- 0- 6/ 10 40.0% 40.0% 40.0%
6番人気 0- 0- 4- 6/ 10 0.0% 0.0% 40.0%
7番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の複勝率90.0%は無視できない成績と思われます。
基本的には7番人気までの馬で3着以内の多数を占めているので、あまり人気薄が突っ込んでくるということは考えにくいようです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 5- 32/ 43 7.0% 14.0% 25.6%
前走2着 5- 1- 2- 19/ 27 18.5% 22.2% 29.6%
前走3着 1- 1- 1- 16/ 19 5.3% 10.5% 15.8%
前走4着 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
前走6~9着 1- 2- 1- 35/ 39 2.6% 7.7% 10.3%
前走10着~ 0- 1- 0- 23/ 24 0.0% 4.2% 4.2%

前走が3着以内の馬が9-5-8-67、5着以内の馬が9-7-9-83となっており、前走が不振だった馬は上位に入りにくいと言えると思われます。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
毎日王冠G2 5- 4- 4-46/59 8.5% 15.3% 22.0%
宝塚記念G1 2- 3- 1-14/20 10.0% 25.0% 30.0%
札幌記念G2 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4%
京都大賞G2 1- 0- 0-15/16 6.3% 6.3% 6.3%
セントラG2 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
安田記念G1 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
産経大阪G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
天皇賞春G1 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
神戸新聞G2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
関屋記念G3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

その前走にしても、G1やG2を戦ってきていないと上位に入ってくるには厳しいと言えると思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense