第68回 毎日王冠 予想&結果

平成29年10月8日
東京競馬場 G2 第68回 毎日王冠 芝1800m

◎ 2 マカヒキ
○ 1 ソウルスターリング
▲ 7 グレーターロンドン
△ 8 リアルスティール
× 4 アストラエンブレム

東京競馬場ではG2の毎日王冠が行われます。
出走メンバーが錚々たるメンバーで非常に白熱した一戦になりそうです。
馬場も昨日の段階で稍重まで回復し、今日の朝では良まで回復しています。
出走時にはかなり良い状態になるのではないかと思っています。

◎印は2 マカヒキ。
1 ソウルスターリングとどちらに◎を打つかは非常に悩みましたが、昨年のダービー馬のこちらにしてみました。
春があまり順調ではなかったのですが、G1の大阪杯の後には休養に入り、ここに焦点を絞ってきていますから、凱旋門賞挑戦の疲れも取れて、捲土重来を期す状況かと思います。
実際の東京競馬場芝2400mのダービーとオークスの勝ちタイムは、昨年のダービーが2分24秒0であり、今年のオークスが2分24秒1となっています。
1 ソウルスターリングがオークスより斤量が2kg減ることは気になりますが、2 マカヒキが今回はトップギアに入ることを期待したいと思います。

○印は1 ソウルスターリング。
東京競馬場では2戦2勝。G1の桜花賞で3着に敗れた以外は、G1の阪神ジュベナイルフィリーズ、G3のチューリップ賞、G1の優駿牝馬と重賞3勝の実績を持っています。
桜花賞が稍重の馬場を気にしたということであれば、今日は良馬場で競馬が出来そうですので、実力を十分に発揮してくれると思います。
また、先行するこの馬が東京競馬場芝1800mで内枠を引いたのは良い傾向だと思います。

▲印は7 グレーターロンドン。
前走は初の重賞挑戦がG1の安田記念でした。
結果は残念ながら4着でしたが、クビクビクビの差の4着ですから、G1でも好走できる素質はあると思います。
今回は相手がかなり強くなることと、500万下勝利以来の芝1800mが鍵になりますが、直線の長い東京競馬場で、直線一気の強襲が見られることを期待したいです。

△印は8 リアルスティール。
芝1800mでは海外G1のドバイターフを勝ち、G3の共同新聞杯も勝っているように、この距離を非常に得意としていると思います。
昨年の夏から秋にかけてのG1戦や春のG2の中山記念の結果があまり良くなかったので、やはり海外遠征は見えない疲れが溜まるのかとも思います。
今回は調教も非常に動いていますし、5か月休養明けでG1の天皇賞(秋)に出走したときも2着に入っていますので、長期休養明けはあまり気にする必要はないと思っています。

×印は4 アストラエンブレム。
この夏もG3のエプソムカップで2着、新潟記念で2着と使われながら好成績を残しています。
有力馬が軒並み休養明けに対して、こちらは中4週で使ってきていますので、その分のアドバンテージはあると思います。
まだ重賞勝利はありませんが、順調さを結果に結びつけられれば、初戴冠があるかもしれません。

【結果】
1着 △  8 リアルスティール
2着   12 サトノアラジン
3着 ▲  7 グレーターロンドン
4着    3 ダイワキャグニー
5着    9 ヤングマンパワー

1番人気の1 ソウルスターリングと2番人気の2 マカヒキが掲示板にも載れずに惨敗。
10着までが0.6秒差と前評判ほどどの馬も差がなかったのかもしれません。
2着に入った12 サトノアラジンですが、少し距離が長いと思い、印を打たずにいました。
結果的には序盤のペースが少し遅く、この馬には良い方向に働いたと思っています。
それでもさすがにG1馬といったところだと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense