第52回 農林水産省賞典京都大賞典 過去10年のデータ分析

平成29年10月9日
京都競馬場 G2 第52回 農林水産省賞典京都大賞典 芝2400m

◆過去10年の優勝馬

H28 キタサンブラック
H27 ラブリーデイ
H26 ラストインパクト
H25 ヒットザターゲット
H24 メイショウカンパク
H23 ローズキングダム
H22 メイショウベルーガ
H21 オウケンブルースリ
H20 トーホウアラン
H19 インティライミ

東では東京競馬場でG2の毎日王冠が行われますが、西では京都競馬場でG2の京都大賞典が行われます。
どちらのレースも負けず劣らず有力馬の参戦が多く、非常に楽しみな一戦です。
特に近年は京都大賞典の出走馬はG1で好走していることもあり、本当に実力がないと勝てないレースと言えると思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
4歳 4- 5- 1- 15/ 25 16.0% 36.0% 40.0%
5歳 6- 2- 3- 22/ 33 18.2% 24.2% 33.3%
6歳 0- 1- 3- 27/ 31 0.0% 3.2% 12.9%
7歳 0- 2- 1- 6/ 9 0.0% 22.2% 33.3%
8歳 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%

圧倒的に4歳馬と5歳馬が強いと言えると思います。
この2世代で10-7-4-37の成績です。
3着には他世代の馬が入ることも多いですが、連対馬となるとこの2世代が中心となっています。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0%
2枠 3- 0- 1- 6/10 30.0% 30.0% 40.0%
3枠 0- 3- 1- 8/12 0.0% 25.0% 33.3%
4枠 0- 0- 2-11/13 0.0% 0.0% 15.4%
5枠 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
6枠 2- 1- 1- 9/13 15.4% 23.1% 30.8%
7枠 1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3%
8枠 1- 3- 1-14/19 5.3% 21.1% 26.3%

複勝率は4枠と5枠が少し悪くなっていますが、その他は大きく変わりないように感じます。
ただ、1枠と2枠は少し成績が良いようにも感じられますので、内枠の馬には注意した方が良いかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 3- 5- 6- 18/ 32 9.4% 25.0% 43.8%
平地・中団 5- 2- 4- 23/ 34 14.7% 20.6% 32.4%
平地・後方 2- 3- 0- 27/ 32 6.3% 15.6% 15.6%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

最後の直線は平坦な京都競馬場ですが、逃げ切るのは難しいようです。
先行と中団がかなり良い成績となっているので、それなりの位置に付けないと厳しいと言えると思いますが、思った以上に後方の馬も成績が良いので、注意は必要です。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 2- 1- 4/ 10 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2- 1- 3- 4/ 10 20.0% 30.0% 60.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
7番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
12番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

やはり上位人気馬が強い結果になっています。
長距離のG2ですから、運だけで上位に進出することは難しいのかもしれません。
ただ、6番人気と7番人気は1着はないまでも2着に入ることが多いので、このくらいの人気までは注意した方が良さそうです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 1- 1- 12/ 16 12.5% 18.8% 25.0%
前走2着 1- 2- 1- 5/ 9 11.1% 33.3% 44.4%
前走3着 2- 2- 0- 3/ 7 28.6% 57.1% 57.1%
前走4着 2- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 42.9%
前走5着 0- 0- 3- 3/ 6 0.0% 0.0% 50.0%
前走6~9着 2- 4- 1- 24/ 31 6.5% 19.4% 22.6%
前走10着~ 1- 1- 3- 29/ 34 2.9% 5.9% 14.7%

前走6着以下の馬でも3-5-4-53となっており、かなり好成績と言えると思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
宝塚記念G1 4- 2- 3-10/19 21.1% 31.6% 47.4%
朝日チャG3 2- 0- 1- 7/10 20.0% 20.0% 30.0%
新潟記念HG3 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0%
阪神大賞G2 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
オールカG2 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
天皇賞春G1 0- 3- 2- 9/14 0.0% 21.4% 35.7%
札幌記念G2 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
丹頂SH 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
西宮SH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
JCG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
目黒記念HG2 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
安田記念G1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
すみれS 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走がG1やG2という馬が多いので、多少着順が悪くても上位争いが出来るものと思われます。
逆に、前走が条件戦やオープン特別ではかなり苦戦を強いられるとも言えると思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense