第21回 シリウスステークス 予想&結果

平成29年9月30日
阪神競馬場 G3 第21回 シリウスステークス ダート2000m

◎ 3 モルトベーネ
○ 6 マスクゾロ
▲ 13 ピオネロ
△ 12 ミツバ
× 11 マインシャッツ

阪神競馬場ではG3のダート重賞のシリウスステークスが行われます。
G1のチャンピオンズカップの前哨戦ということもあり、白熱したレースが期待できると思います。
ただ、G3ということなので、有力馬のハンデが軒並み高めに設定されているところが難しく感じるところです。

◎印は3 モルトベーネ。
前走は阪神ダート1800mのG3のアンタレスステークスを2馬身差の完勝でした。
そのためだとも思われますが、ハンデがトップハンデの57.5kgと前走より1.5kg増となっているところが不安材料です。
2000m超の距離は2回走っていて、5着と11着となっておりあまり良くはありません。
しかし、充実期を迎えた現在では1900mであればオープン特別での勝利もありますので、それほど問題ないと思います。

○印は6 マスクゾロ。
この馬もトップハンデの57.5kgを背負っての勝負になります。
なかなか順調に使えず、休養期間が長いため、6歳馬にも関わらず、まだ15戦しかしていないです。
もともとダートでは走る馬であり、昨年のこのレースでは優勝していますので、長期休養明けを一叩きして順調に臨めるこのレースでは期待したいと思います。

▲印は13 ピオネロ。
この馬はダートに転向してからは勝ちきれないまでも好走を続けています。
昨年のこのレースではハンデ56kgで2着に入っていますので、同ハンデで迎えるこのレースでも好走を期待できると思います。
騎手も戸崎騎手、ルメール騎手、福永騎手とトップジョッキーに依頼することが多い馬なので、厩舎としても期待しているのだと思っています。

△印は12 ミツバ。
トップハンデ57.5kgの3頭の内の1頭です。
近走の充実ぶりからは仕方ない面があると思います。
最近は地方交流競走も含めてダート2000m以上の距離を使われていることが多く、そこで結果を残しています。
今年に入って大敗を喫したのはダート1800mのG3のアンタレスステークスのみで、距離が伸びるここでは、昨年4着の実績も踏まえて期待したいと思います。

×印は11 マインシャッツ。
前走はオープン特別の阿蘇ステークスで0.2秒差4着という結果でした。
昇級戦でもありましたので、少し戸惑いはあったと思いますが、好走したと言えると思います。
阪神競馬場では3-0-1-1の成績で、比較的得意としている競馬場だと思います。
また、大きく負けることも少ない馬なので、相手なりに好勝負が出来ると思います。

【結果】
1着    4 メイショウスミトモ
2着    5 ドラゴンバローズ
3着 ▲ 13 ピオネロ
4着   15 トップディーヴォ
5着   10 スリータイタン

結果的にはハンデ戦らしく荒れましたね。
人気馬は斤量が堪えたのかほぼ壊滅状態でした。
1着の4 メイショウスミトモは注意してはいたのですが・・・。
この季節だけは激走するのでしょうか?

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense