第65回 神戸新聞杯 過去10年のデータ分析

平成29年9月24日
阪神競馬場 G2 第65回 神戸新聞杯 芝2400m

◆過去10年の優勝馬

H28 サトノダイヤモンド
H27 リアファル
H26 ワンアンドオンリー
H25 エピファネイア
H24 ゴールドシップ
H23 オルフェーヴル
H22 ローズキングダム
H21 イコピコ
H20 ディープスカイ
H19 ドリームジャーニー

このレースも菊花賞トライアルとなっていますが、この後のG1戦線でも活躍する馬が多数輩出されている伝統あるレースになっています。
オルフェーヴルやゴールドシップ、サトノダイヤモンドもこのレースの勝ち馬と思うと、今後の楽しみが非常に増えると思います。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 2-10/13 7.7% 7.7% 23.1%
2枠 0- 0- 1-16/17 0.0% 0.0% 5.9%
3枠 2- 1- 0-15/18 11.1% 16.7% 16.7%
4枠 1- 1- 0-16/18 5.6% 11.1% 11.1%
5枠 2- 3- 2-13/20 10.0% 25.0% 35.0%
6枠 1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1%
7枠 0- 2- 2-18/22 0.0% 9.1% 18.2%
8枠 3- 2- 1-16/22 13.6% 22.7% 27.3%

勝ち馬が出ていないのは2枠と7枠なのですが、7枠は2着と3着が多く、それほど複勝率は悪くありません。
2枠は3着1回のみと少し鬼門となっているかもしれません。
その他の枠はそれほど大きな違いはないように思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 1- 8/ 11 9.1% 18.2% 27.3%
平地・先行 1- 1- 2- 30/ 34 2.9% 5.9% 11.8%
平地・中団 6- 6- 4- 42/ 58 10.3% 20.7% 27.6%
平地・後方 1- 2- 3- 39/ 45 2.2% 6.7% 13.3%
平地・マクリ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

中団の馬が勝率、連対率、複勝率ともに上位を占めており、着別度数も6勝2着6回と圧倒しています。
思ったよりも先行は苦戦を強いられているようです。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6- 2- 0- 2/ 10 60.0% 80.0% 80.0%
2番人気 1- 1- 4- 4/ 10 10.0% 20.0% 60.0%
3番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
5番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気が6勝と他を圧倒しています。
1番人気の複勝率は80.0%となっていますので、馬券の検討から除外することは難しいと思われます。
3番人気までの馬で9-5-5-11となっており、10番人気以下は3着内に入ったことはないことから、あまり大穴を狙うことは得策でないと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 3- 3- 43/ 53 7.5% 13.2% 18.9%
前走2着 3- 2- 2- 10/ 17 17.6% 29.4% 41.2%
前走3着 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
前走4着 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
前走5着 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0%
前走6~9着 0- 1- 3- 18/ 22 0.0% 4.5% 18.2%
前走10着~ 0- 2- 1- 33/ 36 0.0% 5.6% 8.3%

前走は上位に入着している馬がこのレースも好走しやすいと言えると思います。
前走1着と2着で7-5-5-53となっており、5着まで広げると、10-7-6-64となります。
6着以下の馬は0-3-4-51と比較すると一目瞭然と思います。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
東京優駿G1 8- 6- 3-28/45 17.8% 31.1% 37.8%
ラジオNIHG3 1- 1- 1- 8/11 9.1% 18.2% 27.3%
マレーシ1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
宝塚記念G1 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
HTB賞1000 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
長久手H1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
白百合S 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
玄海特H1000 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
信濃川H1000 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
玄海特別1000 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
阿賀野川1000 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前走は東京優駿であった馬が成績では圧倒しています。
2着や3着であれば条件戦を戦ってきた馬も入ってきていますが、1着までは相当厳しそうです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense