第71回 朝日杯セントライト記念 予想&結果

平成29年9月18日
中山競馬場 G2 第71回 朝日杯セントライト記念 芝2200m

◎ 7 アルアイン
○ 2 サトノクロニクル
▲ 4 クリンチャー
△ 10 サンデームーティエ
× 9 プラチナヴォイス

中山競馬場ではG2のセントライト記念が行われます。
後の活躍馬も多く輩出している伝統のあるレースですから、菊花賞トライアルということも相まって、好レースが期待できると思います。
心配していた天候は回復したようですが、馬場状態はまだかなり悪化しているようです。
どの程度回復するかも結果を大きく左右すると思います。

◎印は7 アルアイン。
春のクラシックを沸かせたこの馬を◎印としました。
G1の皐月賞1着、ダービー5着はこのメンバーにおいては最上位だと思います。
今回はルメール騎手に乗り変わっての必勝態勢とも思われますので、かなり期待できると思っています。

○印は2 サトノクロニクル。
こちらの馬もデムーロ騎手に乗り変わっての勝負になっています。
前走のラジオNIKKEI賞はトップハンデの57kgに泣かされた印象が強いですが、それ以前はG2の京都新聞杯を含め、5戦連続連対という安定した成績を残しています。
馬齢戦になり牡馬の斤量が56kgで一律となっていますので、ここでの結果が期待される一頭だと思います。

▲印は4 クリンチャー。
前走のG1のダービーでは1.2秒差13着と大きく敗れていることは気がかりです。
しかし、同じくG1の皐月賞では優勝した7 アルアインから0.3秒差4着と好走していますので、好走する素地はあると思います。
ダービーも窮屈なところに入っての不完全燃焼とのことですから、ここで逆転も狙えるのではないかと思っています。
好走例の多いダービーからセントライト記念というローテーションの馬は7 アルアインとこの馬の2頭だけです。
ここでも期待したいと思います。

△印は10 サンデームーティエ。
上位3頭は結果的に人気馬からとなりましたが、ここからは人気が薄い馬も入ってこれると思っています。
この馬は逃げのスタイルを確立して2連勝と波に乗っています。
ここでも上手く逃げられれば、今日の馬場状態とも相まって、もしかしたら逃げ切りのシーンが見られるかもしれません。
勝ちは東京競馬場のみなのですが、中山競馬場でも3着入線が2回ありますから、特に問題は無いと思っています。

×印は9 プラチナヴォイス。
G2のスプリングステークス3着からG1の皐月賞とNHKマイルカップに出走して、それぞれ10着と11着に大敗しています。
このスプリングステークス上位組は優勝したウインブライトが皐月賞8着、ダービー15着であり、2着だったアウトライアーズは皐月賞12着、NHKマイルカップ13着とあまり良い成績とは言えない状態です。
少しレベルが低かったのかと思われます。
とはいえ、9 プラチナヴォイスも皐月賞10着とはいえ着差は0.5秒と大きく負けてはいないと思われます。
NHKマイルカップがかなり忙しかったと思われますので、このメンバーなら上位に入ってくる可能性もあると思っています。

【結果】
1着    5 ミッキースワロー
2着 ◎  7 アルアイン
3着 ○  2 サトノクロニクル
4着   15 スティッフェリオ
5着 ×  9 プラチナヴォイス

1着は5 ミッキースワローとなりました。
上位人気馬ではこの馬だけはこないと思っていたのですが、全くの逆でした。
確かにG2の京都新聞杯を含め惜敗続きとは言え、1000万下を勝てなかった馬がここで皐月賞馬を破るとは予想外でした。
予想外といえば、馬場が良馬場まで回復したこともあります。
後ろの馬は厳しいだろうと思って予想したことが少し裏目に出た感があります。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense