第35回 関西テレビ放送賞ローズステークス 過去10年のデータ分析

平成29年9月17日
阪神競馬場 G2 第35回 関西テレビ放送賞ローズステークス 芝1800m

◆過去10年の優勝馬

H28 シンハライト
H27 タッチングスピーチ
H26 ヌーヴォレコルト
H25 デニムアンドルビー
H24 ジェンティルドンナ
H23 ホエールキャプチャ
H22 アニメイトバイオ
H21 ブロードストリート
H20 マイネレーツェル
H19 ダイワスカーレット

このレースは秋華賞のトライアルとなっており、3着までの馬に秋華賞の優先出走権が与えられます。
賞金面で少し足りない馬はここですでに本気の仕上げかもしれませんので、要注意になると思います。
また、このレースは今後の活躍を占う上でも非常に重要な一戦になっています。
有力馬の始動がこのレースからということも多く、非常に緊迫したレースになると思われます。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 1-11/15 6.7% 20.0% 26.7%
2枠 1- 1- 2-12/16 6.3% 12.5% 25.0%
3枠 1- 0- 0-17/18 5.6% 5.6% 5.6%
4枠 2- 1- 0-15/18 11.1% 16.7% 16.7%
5枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
7枠 0- 3- 3-17/23 0.0% 13.0% 26.1%
8枠 2- 0- 2-20/24 8.3% 8.3% 16.7%

7枠からのみ勝ち馬が出ていませんが、2着3回3着3回と複勝率は高くなっています。
特に成績が悪いのは3枠ですが、この枠のみ飛び抜けて成績が悪くなっています。
特に理由は考えつきませんので、たまたま偏ったということだと思います。
大外の8枠の連対率と複勝率が悪くなっています。
やはり大外は少し不利なのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
平地・先行 3- 0- 3- 29/ 35 8.6% 8.6% 17.1%
平地・中団 5- 6- 6- 50/ 67 7.5% 16.4% 25.4%
平地・後方 1- 3- 0- 37/ 41 2.4% 9.8% 9.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

絶対数の少ない逃げが成績が良くなっています。
絶対数の多いところでは先行よりも中団の方が成績が良いのは特筆すべきことだと思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 2- 1- 2/ 10 50.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
10番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
11番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気が5-2-1-2と圧倒的な強さを誇っています。
しかし、2着は9番人気から11番人気で4頭出ていますので、比較的紐荒れしやすいレースかもしれません。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 5- 4- 4- 44/ 57 8.8% 15.8% 22.8%
前走2着 0- 3- 2- 6/ 11 0.0% 27.3% 45.5%
前走3着 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
前走4着 2- 0- 1- 6/ 9 22.2% 22.2% 33.3%
前走5着 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 1- 2- 1- 24/ 28 3.6% 10.7% 14.3%
前走10着~ 0- 1- 1- 26/ 28 0.0% 3.6% 7.1%

前走4着以内の馬が9-7-8-63と上位を占めています。
やはり、前走好走している馬を中心に考えた方が良いかもしれません。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
優駿牝馬G1 8- 5- 1-35/49 16.3% 26.5% 28.6%
500万下・牝 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
桜花賞G1 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
クイーンG3 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
未勝利・牝 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
白百合S 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
鳥栖特別500 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
フローラG2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
三面川特1000 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0%
西海賞1000 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
道新スポ1000 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
西部スポ1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
ルスツ特1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
エクセル1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

前走が優駿牝馬であった馬が過去10年で8勝2着5回と圧倒的な成績を残しています。
夏場に条件戦で頑張ってきた馬も3着までに入ることは多いのですが、1着まではかなり厳しい戦いになっているようです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense