第62回 京成杯オータムハンデキャップ 過去10年のデータ分析

平成29年9月10日
中山競馬場 G3 第62回 京成杯オータムハンデキャップ 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 ロードクエスト
H27 フラアンジェリコ
H26 クラレント
H25 エクセラントカーヴ
H24 レオアクティブ
H23 フィフスペトル
H22 ファイアーフロート
H21 ザレマ
H20 キストゥヘヴン
H19 キングストレイル

このレースからはあまり活躍馬が出ていないように感じます。
H20のキストゥヘヴンはG1の桜花賞を勝っていますが、その後はG3を2勝したのみです。
それはそれで凄いとは思うのですが、その他はあまり好成績とは言えない状況です。

◆過去10年のデータ分析

○馬齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 2- 1- 4- 14/ 21 9.5% 14.3% 33.3%
4歳 2- 1- 1- 17/ 21 9.5% 14.3% 19.0%
5歳 5- 3- 1- 35/ 44 11.4% 18.2% 20.5%
6歳 0- 2- 3- 36/ 41 0.0% 4.9% 12.2%
7歳 1- 2- 1- 16/ 20 5.0% 15.0% 20.0%
8歳 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%

1着馬は3歳から5歳、3着馬は5歳から7歳、3着は3歳と6歳が好調で、出走数の少ない8歳からも2着が出ていますので、年齢にはあまりこだわらない方が良さそうです。

○斤量

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~49kg 0- 0- 0- 0/ 0
49.5~51kg 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
51.5~53kg 2- 2- 2- 14/ 20 10.0% 20.0% 30.0%
53.5~55kg 5- 4- 3- 56/ 68 7.4% 13.2% 17.6%
55.5~57kg 2- 2- 3- 38/ 45 4.4% 8.9% 15.6%
57.5~59kg 1- 2- 2- 7/ 12 8.3% 25.0% 41.7%
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0

51.5kg~53kgまでの軽いハンデの馬と57.5kg~59kgまでの重いハンデの馬が好走しているようです。
その中間のハンデの馬は率的には今ひとつといった感じですが、絶対数は多く出ているので、注意は必要です。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 0-14/16 6.3% 12.5% 12.5%
2枠 3- 3- 1-10/17 17.6% 35.3% 41.2%
3枠 0- 1- 3-16/20 0.0% 5.0% 20.0%
4枠 0- 2- 1-17/20 0.0% 10.0% 15.0%
5枠 4- 1- 1-14/20 20.0% 25.0% 30.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 0- 2-17/19 0.0% 0.0% 10.5%
8枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%

2枠が絶好調、5枠が好調といった感じです。
1枠や7枠、8枠といった枠があまり成績が良くないので、中間の枠を中心に考慮した方が良いかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 5- 3- 3- 30/ 41 12.2% 19.5% 26.8%
平地・中団 4- 6- 7- 40/ 57 7.0% 17.5% 29.8%
平地・後方 1- 1- 0- 40/ 42 2.4% 4.8% 4.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

先行と中団で9-9-10-70となっていますので、逃げや後方はあまり重視しない方が良いと思われます。
基本は先行、中団としておいた方が馬券には繋がりやすいと思われます。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
2番人気 5- 1- 2- 2/ 10 50.0% 60.0% 80.0%
3番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
8番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

2番人気の強さが際立っている状況です。
もちろん、ハンデ戦ですから、下位人気まで1着や2着に入ってきていますので、取捨選択は幅広く行う必要があると思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 0- 1- 11/ 18 33.3% 33.3% 38.9%
前走2着 1- 0- 0- 14/ 15 6.7% 6.7% 6.7%
前走3着 0- 1- 3- 10/ 14 0.0% 7.1% 28.6%
前走4着 0- 1- 2- 10/ 13 0.0% 7.7% 23.1%
前走5着 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
前走6~9着 1- 4- 2- 35/ 42 2.4% 11.9% 16.7%
前走10着~ 2- 3- 2- 38/ 45 4.4% 11.1% 15.6%

1着馬には前走1着の馬が6勝ととても高い確率で1着に入っています。
しかし、前走6着以下も3-7-4-73と特に2着に多く入っていますので、注意は必要です。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense