第52回 農林水産省賞典札幌2歳ステークス 予想&結果

平成29年9月2日
札幌競馬場 G3 第52回 農林水産省賞典札幌2歳ステークス 芝1800m

◎ 10 クリノクーニング
○ 4 カレンシリエージョ
▲ 6 コスモインザハート
△ 1 シスターフラッグ
× 5 ロジャージーニアス

札幌競馬場ではG3の札幌2歳ステークスが行われます。
距離も伸びてクラシックディスタンスに近くなり、来年に向けての重要な一戦になると思います。
とはいえ、まだ経験の浅い若駒ですから、無理せず無事に走りきって欲しいものです。

◎印は10 クリノクーニング。
前走は函館競馬場の新馬戦でレコード勝ち。
負かした相手の4 カレンシリエージョが次走の未勝利戦で8馬身差の圧勝劇を演じていますので、この馬のポテンシャルは相当なものだと思います。
新種牡馬のオルフェーヴルの仔ですし、少し期待を持って見守りたいと思います。

○印は4 カレンシリエージョ。
新馬戦こそ10 クリノクーニングに屈しましたが、次走の未勝利戦で8馬身差の圧勝。
この馬も十分に力はあると思いますが、初戦は相手が悪かったというべきかと思います。
1戦分だけ経験が多いので、逆転まであるかなと期待はしています。

▲印は6 コスモインザハート。
前走は阪神競馬場での新馬戦なので、洋芝の北海道は初体験ということになります。
馬場が合うかどうかは走ってみなければ分からないというところが本音ですが、前走の勝ちタイムは優秀だと思っています。
中央場所でこれだけの走りが出来るのであれば、ローカルでも大丈夫だろうとは思います。
ハーツクライの仔ですから、1F伸びますが、距離は十分守備範囲だと思います。

△印は1 シスターフラッグ。
前走はスタートで後手を踏んだにも関わらず、後半伸びての勝利。
あまり成績の良くない1枠ですが、今回も同じようなことがなければ特に問題視する枠でもないと思っています。
騎手も岩田康誠騎手ですし、それほど心配することはないと思います。
ただ、前走の勝ちタイム自体は平凡だと思っていますので、印はここまでにしておきました。

×印は5 ロジャージーニアス。
新潟競馬場から勝ち上がってきた馬も一頭選んでみようと思い、選択したのがこの馬。
新潟競馬場はタイムが出やすい競馬場ですが、その時の1800mのタイムは出走馬中最速となるタイムをマークしています。
札幌競馬場でどのような走りを見せるのかは、初の右回りということもありますし、かなり未知数なところはありますが、持ち時計トップのスピードがここでも出せれば穴を開けてくれるかもしれないと思っています。

現在1番人気の11 ロックディスタウンはとりあえず印は打たずにおきます。
前走は鞭を入れずに勝っているということなのですが、新潟競馬場にしてはタイムが平凡なので、他の馬に賭けてみたいと思います。

【結果】
1着   11 ロックディスタウン
2着   14 ファストアプローチ
3着    7 ダブルシャープ
4着 △  1 シスターフラッグ
5着 ▲  6 コスモインザハート

あえて切った1番人気の11 ロックディスタウンが1着という皮肉な結果。
前半からペースが落ち着いてしまって、4コーナーで前に付けられないと厳しい状況に陥ったようです。
比較的上位は混戦になったので、もう少し展開が向いていればとは思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense