第37回 新潟2歳ステークス 過去10年のデータ分析

平成29年8月27日
新潟競馬場 G3 第37回 新潟2歳ステークス 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 ヴゼットジョリー
H27 ロードクエスト
H26 ミュゼスルタン
H25 ハープスター
H24 ザラストロ
H23 モンストール
H22 マイネイサベル
H21 シンメイフジ
H20 セイウンワンダー
H19 エフティマイア

このレースの勝ち馬はこの後、2歳G1やクラシック戦線に向かうことになりますが、H25のハープスター以外はあまり実績を残せていないようです。
やはりクラシックの距離と比較すると短めの重賞ですから、多少苦しいのかもしれません。

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 2-13/18 5.6% 16.7% 27.8%
2枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
3枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 0- 2- 3-15/20 0.0% 10.0% 25.0%
5枠 3- 0- 0-16/19 15.8% 15.8% 15.8%
6枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
7枠 0- 3- 1-24/28 0.0% 10.7% 14.3%
8枠 3- 0- 1-24/28 10.7% 10.7% 14.3%

新潟競馬場ですから、外枠が比較的有利かと思うのですが、1着馬は5枠から外が多いのですが、複勝率は1枠と4枠が高くなっており、一概には言えないようです。
それほど差はないと判断しても良さそうです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 1- 1- 2- 33/ 37 2.7% 5.4% 10.8%
平地・中団 4- 4- 6- 61/ 75 5.3% 10.7% 18.7%
平地・後方 5- 5- 2- 38/ 50 10.0% 20.0% 24.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

最後の直線が長いコース形状ということもあり、後ろの馬が有利になっています。
特に後方が勝率、連対率、複勝率ともに高くなっていることが特徴的であり、前の馬はほぼ壊滅に近い状態になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 2- 0- 4/ 10 40.0% 60.0% 60.0%
2番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
3番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
4番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%
10番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
16番人気 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
17番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%

1着馬は人気馬であることが多いのですが、2着馬は下位人気からも多数出ていますので、人気を鵜呑みにすることは危険だと思われます。
軸は人気馬で紐を広く狙うことが良いと思われます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense