第53回 札幌記念 予想&結果

平成29年8月20日
札幌競馬場 G2 第53回 札幌記念 芝2000m

◎ 3 ヤマカツエース
○ 7 サウンズオブアース
▲ 13 エアスピネル
△ 4 ロードヴァンドール
× 11 アングライフェン

札幌競馬場ではG2の札幌記念が行われます。
秋以降のレースを占う上でも大事な一戦になりますので、非常に注目度の高いレースです。

◎印は3 ヤマカツエース。
過去に重賞を5勝している実力馬です。
前走はG1の大阪杯でキタサンブラックから0.2秒差3着と好走しており、ここでも実力は圧倒的に上位だと思われます。
札幌記念もこれで3回目の挑戦になりますが、過去2回は0.1秒差4着と0.7秒差5着と少し微妙な結果になっています。。
ただ、充実期に入っている今なら、好勝負が期待できると思います。

○印は7 サウンズオブアース。
まだ2勝馬ですが、重賞での2着が多く、G1でもジャパンカップ、有馬記念、菊花賞と2着に入っています。
これらのレースと比べると少し距離が短い感もありますが、実績としては出走馬の中でも上位にランクされると思います。
初の北海道参戦となりますが、これまでの実績も踏まえると、大きく敗れることは考えにくく、好走を期待したいと思います。

▲印は13 エアスピネル。
過去に掲示板を外したことのない堅実さが魅力の一頭です。
今年に入ってからはマイル路線を使われてきましたが、ここで久々の2000mへの挑戦。
もともとクラシック路線を邁進してきた馬ですから、2ハロンの延長はそれほど問題にはならないと思います。
実際に、芝2000mで行われたG2の弥生賞で0.3秒差3着、G1の皐月賞で0.5秒差4着と大きく崩れることなく走っていますし、芝3000mのG1の菊花賞ですら0.4秒差3着ですから、距離にはかなり融通性があると思っています。
そのため、ここでも堅実さを出せれば、上位進出が可能だと思っています。

△印は4 ロードヴァンドール。
前走のG1の大阪杯では前をいって、最下位に敗れる残念な結果でしたが、その前はG2の金鯱賞で3 ヤマカツエースの0.2秒差2着。
基本的には逃げることが多いので、競馬はしやすいと思います。
上手く逃げられれば金鯱賞の再現が見られるかもしれないと思っています。

×印は11 アングライフェン。
過去2走は函館競馬場で競馬をしており、2着、4着と好走。
初めての北海道だったのですが、復活の兆しかと思えるほどの好走でした。
今回も札幌競馬場に場所は変わりますが、同じ洋芝ということなので、ここも合うかもしれないと思っています。

【結果】
1着    1 サクラアンプルール
2着    2 ナリタハリケーン
3着 ◎  3 ヤマカツエース
4着 ○  7 サウンズオブアース
5着 ▲ 13 エアスピネル

1着は6番人気の1 サクラアンプルール、2着は12番人気の2 ナリタハリケーンが入って、こちらも大波乱の結果になりました。
1 サクラアンプルールは無印にしていましたが、5頭に絞り込む中でかなり悩んだ一頭ですから仕方ないと思います。
G2の中山記念でネオリアリズムの2着に入ったのはフロックではなく、実力を伴ったレースだったと言えるのでしょう。
しかし、2 ナリタハリケーンは芝のレースで、しかもこのメンバーで上位に入ってくるとはとても思えず、こちらも驚きの一頭でした。
ダートから芝に変わった後、函館競馬場で好走を続けていましたから、よほど北海道の芝が合ったとしか思えないです。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense