第53回 札幌記念 過去10年のデータ分析

平成29年8月20日
札幌競馬場 G2 第53回 札幌記念 芝2000m

◆過去10年の優勝馬

H28 ネオリアリズム
H27 ディサイファ
H26 ハープスター
H25 トウケイヘイロー
H24 フミノイマージン
H23 トーセンジョーダン
H22 アーネストリー
H21 ヤマニンキングリー
H20 タスカータソルテ
H19 フサイチパンドラ

サマー2000シリーズの第4戦として行われる札幌記念は、G2の定量戦ということもあり、有力馬がここから始動することも多い、夏の名物レースです。
実際にここの勝ち馬がG1を制することも多く、秋に向けて注目すべき一戦だと思います。

なお、H25は函館競馬場で行われていますが、あまり気にせず、過去10年で分析したいと思います。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1- 1- 1- 8/ 11 9.1% 18.2% 27.3%
4歳 4- 2- 2- 22/ 30 13.3% 20.0% 26.7%
5歳 3- 4- 4- 30/ 41 7.3% 17.1% 26.8%
6歳 2- 1- 1- 25/ 29 6.9% 10.3% 13.8%
7歳 0- 1- 2- 14/ 17 0.0% 5.9% 17.6%
8歳 0- 1- 0- 11/ 12 0.0% 8.3% 8.3%

複勝率では5歳以下が好調と言えると思います。
6歳も勝ち馬は多いので、注意は必要だと思います。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-13/15 6.7% 6.7% 13.3%
2枠 1- 1- 1-13/16 6.3% 12.5% 18.8%
3枠 1- 2- 4-11/18 5.6% 16.7% 38.9%
4枠 1- 3- 1-14/19 5.3% 21.1% 26.3%
5枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
8枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%

勝ち馬は満遍なくすべての枠から出ているようですが、複勝率には大きな差が生じています。
3枠と4枠が比較的好調で、次いで5枠といった感じなので、中間の枠が一番走りやすいのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
平地・先行 4- 5- 4- 29/ 42 9.5% 21.4% 31.0%
平地・中団 2- 3- 5- 40/ 50 4.0% 10.0% 20.0%
平地・後方 0- 1- 1- 41/ 43 0.0% 2.3% 4.7%
平地・マクリ 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%

数は少ないですが、逃げが好調です。
有力な逃げ馬がいれば検討に値すると思われます。
次いで先行となっていますので、比較的前で競馬する馬が有利と言えると思います。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 5- 0- 3/ 10 20.0% 70.0% 70.0%
2番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%
5番人気 4- 2- 0- 4/ 10 40.0% 60.0% 60.0%
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
13番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
15番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

やはりG2の定量戦だけあって、上位人気馬が優勢だと言えると思います。
5番人気が出来すぎのような感もありますが、5番人気までの馬で9-7-7-27となっているため、下位人気馬はかなり苦しいと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 3- 2- 16/ 22 4.5% 18.2% 27.3%
前走2着 2- 1- 2- 9/ 14 14.3% 21.4% 35.7%
前走3着 2- 3- 1- 9/ 15 13.3% 33.3% 40.0%
前走4着 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
前走6~9着 4- 2- 1- 38/ 45 8.9% 13.3% 15.6%
前走10着~ 0- 1- 4- 25/ 30 0.0% 3.3% 16.7%

前走の着順は良いに越したことはありませんが、多少悪くても好走実績は多くあるようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
函館記念HG3 3- 2- 5-37/47 6.4% 10.6% 21.3%
宝塚記念G1 2- 2- 1- 5/10 20.0% 40.0% 50.0%
クイーンG3 2- 0- 0-11/13 15.4% 15.4% 15.4%
優駿牝馬G1 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
エプソムG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
中京記念HG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
安田記念G1 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
目黒記念HG2 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
漁火S1600 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
DDFG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
クイーG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
東京優駿G1 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
天皇賞春G1 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
有馬記念G1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

前走がG1という馬も多数参戦しており、多少の着順の差は大きな問題ではないと言えると思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする

スポンサーリンク
google adsense