阪神競馬場 芝2200m

阪神競馬場 芝2200m

◆主な重賞レース

宝塚記念(G1)

◆過去3年(2014年初~2016年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 5- 5-34/46 4.3% 15.2% 26.1%
2枠 6- 2- 7-33/48 12.5% 16.7% 31.3%
3枠 3- 2- 7-38/50 6.0% 10.0% 24.0%
4枠 3- 3- 4-42/52 5.8% 11.5% 19.2%
5枠 7-10- 1-38/56 12.5% 30.4% 32.1%
6枠 3- 3- 6-48/60 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 6- 4- 3-57/70 8.6% 14.3% 18.6%
8枠 5- 6- 2-61/74 6.8% 14.9% 17.6%

5枠が7-10-1-38となっており、勝率、複勝率は2枠とほぼ並んでいますが、連対率は他枠の追随を許さないほどに高くなっています。
次いで、2枠、1枠という感じですから、内枠の馬は比較的走りやすいのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 5- 4- 7- 21/ 37 13.5% 24.3% 43.2%
平地・先行 15- 16- 11- 79/121 12.4% 25.6% 34.7%
平地・中団 11- 12- 12-135/170 6.5% 13.5% 20.6%
平地・後方 4- 3- 5-114/126 3.2% 5.6% 9.5%
平地・マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

やはり内回りコースであって、最後の直線が少し短いことから逃げ・先行の成績が良くなっています。
中団の馬も複勝率20.6%となっていますので、注意は必要なのですが、逃げの43.2%、先行の34.7%と比較すると少し分が悪いと思われます。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 8- 4- 6-27/45 17.8% 26.7% 40.0%
マンハッタンカフェ 5- 3- 2-10/20 25.0% 40.0% 50.0%
シンボリクリスエス 3- 4- 0-14/21 14.3% 33.3% 33.3%
ディープインパクト 3- 2- 3-32/40 7.5% 12.5% 20.0%
チチカステナンゴ 2- 2- 1- 7/12 16.7% 33.3% 41.7%
ネオユニヴァース 2- 2- 0- 5/ 9 22.2% 44.4% 44.4%
ダンスインザダーク 2- 2- 0- 6/10 20.0% 40.0% 40.0%
ステイゴールド 2- 1- 2-19/24 8.3% 12.5% 20.8%
ハーツクライ 1- 3- 4-30/38 2.6% 10.5% 21.1%
タニノギムレット 1- 2- 0-10/13 7.7% 23.1% 23.1%
ダイワメジャー 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0%
フレンチデピュティ 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
ジャングルポケット 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
ヴィクトワールピサ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
クロフネ 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
ディープスカイ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%

勝利馬が多い種牡馬はキングカメハメハとなっています。
ディープインパクトもそれほど悪くないのですが、並みの種牡馬といった感じになっています。
このコースが瞬発力で勝負というよりもパワーを要するコースであることが原因かもしれません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする