阪神競馬場 ダート1800m

阪神競馬場 ダート1800m

◆主な重賞レース

アンタレスステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 37- 23- 41-410/511 7.2% 11.7% 19.8%
2枠 40- 43- 49-398/530 7.5% 15.7% 24.9%
3枠 37- 38- 34-449/558 6.6% 13.4% 19.5%
4枠 43- 48- 29-461/581 7.4% 15.7% 20.7%
5枠 42- 35- 44-487/608 6.9% 12.7% 19.9%
6枠 49- 44- 44-497/634 7.7% 14.7% 21.6%
7枠 39- 44- 43-517/643 6.1% 12.9% 19.6%
8枠 44- 56- 48-500/648 6.8% 15.4% 22.8%

それほど枠番による差が出ていないコースのように感じられます。
強いて言えば2枠が多少成績が良く感じられますが、それほど大きな差は出ていないようです。
どの枠番からでも問題なく実力どおりに結果が出るコースだと言えると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 66- 53- 32- 202/ 353 18.7% 33.7% 42.8%
平地・先行 164- 171- 131- 664/1130 14.5% 29.6% 41.2%
平地・中団 71- 78- 125-1409/1683 4.2% 8.9% 16.3%
平地・後方 15- 21- 33-1398/1467 1.0% 2.5% 4.7%
平地・マクリ 15- 8- 11- 36/ 70 21.4% 32.9% 48.6%

圧倒的に逃げ、先行が有利となっています。
最後に急坂が待ち構えているので、後ろからの馬も健闘しているかと思ったのですが、それほど成績は良くないようです。
絶対数は少ないですが、マクリも好成績を残しています。
マクリの定義は「2角や3角で後方に位置し、4角で1番目のグループにいる場合」となっているので、逃げ、先行と同類と見ても良いのかもしれません。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 23- 23- 23-181/250 9.2% 18.4% 27.6%
ゴールドアリュール 21- 11- 13-128/173 12.1% 18.5% 26.0%
クロフネ 20- 23- 17-141/201 10.0% 21.4% 29.9%
エンパイアメーカー 20- 13- 18-164/215 9.3% 15.3% 23.7%
カネヒキリ 14- 5- 7- 62/ 88 15.9% 21.6% 29.5%
ネオユニヴァース 13- 8- 8- 78/107 12.1% 19.6% 27.1%
ゼンノロブロイ 10- 11- 8-107/136 7.4% 15.4% 21.3%
シンボリクリスエス 9- 11- 11-107/138 6.5% 14.5% 22.5%
ハーツクライ 9- 6- 11- 94/120 7.5% 12.5% 21.7%
マンハッタンカフェ 9- 6- 8-105/128 7.0% 11.7% 18.0%
ディープスカイ 8- 0- 5- 59/ 72 11.1% 11.1% 18.1%
アグネスデジタル 6- 10- 4- 42/ 62 9.7% 25.8% 32.3%
ワークフォース 6- 9- 5- 65/ 85 7.1% 17.6% 23.5%
ディープインパクト 6- 8- 10- 71/ 95 6.3% 14.7% 25.3%
ダイワメジャー 5- 10- 6- 67/ 88 5.7% 17.0% 23.9%
カジノドライヴ 5- 8- 7- 39/ 59 8.5% 22.0% 33.9%
キンシャサノキセキ 5- 7- 6- 36/ 54 9.3% 22.2% 33.3%
ワイルドラッシュ 5- 5- 2- 46/ 58 8.6% 17.2% 20.7%
ストリートセンス 5- 1- 2- 24/ 32 15.6% 18.8% 25.0%

ダート戦ならではといった種牡馬が台頭しています。
ゴールドアリュール、クロフネ、カネヒキリといったところは、種牡馬自体がダートを得意としていたのでその特徴が受け継がれているのだと思います。
実際には厩舎としてもダートを試そうという動機付けになっているのかもしれません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする