阪神競馬場 芝3000m

阪神競馬場 芝3000m

◆主な重賞レース

阪神大賞典(G2)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
2枠 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
3枠 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
4枠 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
5枠 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
6枠 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
7枠 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
8枠 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3%

5枠が3着以内の馬が全く出ていない枠になります。
1着馬は7枠と8枠のみから出ており、外枠が有利とも思うのですが、2着と3着は全く出ていないので、それほど有利とは言えないと思います。
実際には、長距離戦ですから先行争いもそれほど激しくならないと思われますので、どの枠でもあまり違いはないような気がします。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3%
平地・中団 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
平地・後方 0- 0- 2- 8/10 0.0% 0.0% 20.0%
平地・マクリ 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%

勝ち馬は先行とマクリのみという結果になっています。
やはり長丁場のレースですから、逃げ切ることは困難なのだろうと思います。
また、後ろで競馬をする馬の成績も悪くなっていますので、基本的には好位から抜け出す競馬をする馬を選択することが重要だと思われます。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1- 1- 1- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
ハーツクライ 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
ステイゴールド 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ゼンノロブロイ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ハービンジャー 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
アドマイヤドン 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
フジキセキ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
ゴールドアリュール 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
ディープスカイ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
キングカメハメハ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
マンハッタンカフェ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
チーフベアハート 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ダイワメジャー 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
スペシャルウィーク 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
アドマイヤムーン 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

阪神競馬場芝3000mは阪神大賞典でのみ使われるコースになっているため、データが非常に少なくなっています。
そのようなレースのため、種牡馬ではあまり系統立てた分析はできないと思われます。
ただ、瞬発力勝負でないと思われるにも関わらずディープインパクトが強いのは特筆すべきことと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする