阪神競馬場 芝1400m

阪神競馬場 芝1400m

◆主な重賞レース

阪急杯(G3)
報知杯フィリーズレビュー(G2)
阪神カップ(G2)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 21- 16- 13-136/186 11.3% 19.9% 26.9%
2枠 16- 9- 19-149/193 8.3% 13.0% 22.8%
3枠 10- 16- 9-168/203 4.9% 12.8% 17.2%
4枠 16- 19- 15-155/205 7.8% 17.1% 24.4%
5枠 15- 12- 13-177/217 6.9% 12.4% 18.4%
6枠 13- 19- 20-171/223 5.8% 14.3% 23.3%
7枠 16- 13- 14-239/282 5.7% 10.3% 15.2%
8枠 15- 19- 18-240/292 5.1% 11.6% 17.8%

1枠が勝率、連対率、複勝率ともに一番高くなっており、逆に7枠はすべてが一番低くなっています。
8枠もそれほど好成績を残していないことから、このコースでは内枠が有利で外枠が不利と言えると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 18- 10- 11- 83/ 122 14.8% 23.0% 32.0%
平地・先行 43- 47- 41- 305/ 436 9.9% 20.6% 30.0%
平地・中団 47- 53- 53- 561/ 714 6.6% 14.0% 21.4%
平地・後方 13- 12- 16- 486/ 527 2.5% 4.7% 7.8%
平地・マクリ 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%

圧倒的に逃げが優勢となっています。
先行も複勝率が30%程度あることから、前につける馬が有利であるといえると思います。
最後の直線に急坂があるとはいえ、短距離戦ですから、前が残りやすいのだと思われます。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ダイワメジャー 14- 12- 11- 98/135 10.4% 19.3% 27.4%
ディープインパクト 11- 11- 7- 70/ 99 11.1% 22.2% 29.3%
ステイゴールド 7- 4- 4- 47/ 62 11.3% 17.7% 24.2%
ハーツクライ 5- 5- 4- 24/ 38 13.2% 26.3% 36.8%
ゼンノロブロイ 5- 2- 2- 32/ 41 12.2% 17.1% 22.0%
キンシャサノキセキ 4- 4- 5- 38/ 51 7.8% 15.7% 25.5%
ディープブリランテ 4- 1- 5- 11/ 21 19.0% 23.8% 47.6%
サクラバクシンオー 4- 1- 3- 14/ 22 18.2% 22.7% 36.4%
ロードカナロア 4- 0- 2- 11/ 17 23.5% 23.5% 35.3%
アドマイヤムーン 3- 6- 9- 43/ 61 4.9% 14.8% 29.5%
マンハッタンカフェ 3- 3- 0- 28/ 34 8.8% 17.6% 17.6%
Fastnet Rock 3- 2- 2- 5/ 12 25.0% 41.7% 58.3%
ジャングルポケット 3- 1- 2- 22/ 28 10.7% 14.3% 21.4%
ブラックタイド 3- 1- 0- 25/ 29 10.3% 13.8% 13.8%

芝1400mということなので、短距離血統の馬が比較的上位に入ってきています。
サクラバクシンオーやキンシャサノキセキあたりが顔を出すのが特徴的だと思われます。
とはいえ、出走数でも勝利数でも圧倒しているのはやはりサンデーサイレンス産駒の種牡馬ですから、それらを軽視することはできないと思われます。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする