阪神競馬場 芝2400m

阪神競馬場 芝2400m

◆主な重賞レース

神戸新聞杯(G2)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 7- 4- 5-42/58 12.1% 19.0% 27.6%
2枠 2- 9- 4-50/65 3.1% 16.9% 23.1%
3枠 8- 7- 5-48/68 11.8% 22.1% 29.4%
4枠 4- 8- 5-54/71 5.6% 16.9% 23.9%
5枠 8- 3- 8-54/73 11.0% 15.1% 26.0%
6枠 4- 8- 9-58/79 5.1% 15.2% 26.6%
7枠 9- 5- 5-70/89 10.1% 15.7% 21.3%
8枠 7- 5- 9-69/90 7.8% 13.3% 23.3%

勝ち馬は奇数枠から多く出ているようです。
本来先入れの奇数枠はあまり良くないような気もします。
複勝率はどの枠でもそれほど大きく変わらないようです
スタート直後の直線も長いコース形状ですので、それほど圧倒的に有利になる枠があるとは考えにくいとは思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 8- 4- 5- 34/ 51 15.7% 23.5% 33.3%
平地・先行 18- 16- 15-129/178 10.1% 19.1% 27.5%
平地・中団 17- 21- 18-143/199 8.5% 19.1% 28.1%
平地・後方 5- 7- 12-132/156 3.2% 7.7% 15.4%
平地・マクリ 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%

勝率、連対率、複勝率ともに逃げが非常に良くなっています。
しかし、先行、中団もそれほど大きく変わらず、特に連対率と複勝率は少しの差だと言えると思います。
しかし、後方は成績があまり良くなく、最後の直線が長い阪神競馬場の外回りコースでもかなり厳しい結果になっています。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 7- 5- 8-35/55 12.7% 21.8% 36.4%
キングカメハメハ 5- 6- 3-27/41 12.2% 26.8% 34.1%
ハーツクライ 4- 6- 4-36/50 8.0% 20.0% 28.0%
ステイゴールド 4- 4- 2-36/46 8.7% 17.4% 21.7%
ネオユニヴァース 4- 2- 3-13/22 18.2% 27.3% 40.9%
ハービンジャー 4- 2- 3-22/31 12.9% 19.4% 29.0%
ナカヤマフェスタ 3- 0- 0- 5/ 8 37.5% 37.5% 37.5%
マンハッタンカフェ 2- 2- 4-17/25 8.0% 16.0% 32.0%
ジャングルポケット 2- 1- 1-13/17 11.8% 17.6% 23.5%

出走馬の絶対数が多くないので、どの種牡馬でも大きな差は無いと思われます。
ネオユニヴァースが複勝率が40%を超えており、比較的得意としているかもしれません。