京都競馬場 芝1200m

京都競馬場 芝1200m

◆主な重賞レース

シルクロードステークス(G3)
葵ステークス(重賞)
京阪杯(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 13- 11- 10- 86/120 10.8% 20.0% 28.3%
2枠 15- 12- 13- 92/132 11.4% 20.5% 30.3%
3枠 12- 9- 15-104/140 8.6% 15.0% 25.7%
4枠 10- 12- 7-123/152 6.6% 14.5% 19.1%
5枠 8- 13- 11-128/160 5.0% 13.1% 20.0%
6枠 8- 7- 11-137/163 4.9% 9.2% 16.0%
7枠 11- 15- 6-146/178 6.2% 14.6% 18.0%
8枠 7- 5- 13-160/185 3.8% 6.5% 13.5%

圧倒的に1枠から3枠の成績が良くなっています。
逆に成績が悪いのは8枠となっています。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 21- 18- 4- 41/ 84 25.0% 46.4% 51.2%
平地・先行 35- 36- 34- 197/ 302 11.6% 23.5% 34.8%
平地・中団 22- 23- 35- 390/ 470 4.7% 9.6% 17.0%
平地・後方 6- 7- 13- 346/ 372 1.6% 3.5% 7.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ・先行が圧倒的に優勢です。
特に逃げは絶対数は少ないですが、勝率、連対率、複勝率ともに他の脚質を圧倒しています。
やはりコーナー2つの短距離ですし、京都競馬場は最後の直線に坂がありませんので、逃げが粘り込むシーンが多いのかもしれません。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ダイワメジャー 10- 6- 7-66/89 11.2% 18.0% 25.8%
サクラバクシンオー 8- 3- 1-40/52 15.4% 21.2% 23.1%
アドマイヤムーン 7- 5- 5-41/58 12.1% 20.7% 29.3%
ヨハネスブルグ 5- 1- 2-21/29 17.2% 20.7% 27.6%
ショウナンカンプ 4- 0- 1- 8/13 30.8% 30.8% 38.5%
ベーカバド 3- 2- 0- 5/10 30.0% 50.0% 50.0%
アルデバラン2 2- 2- 0-13/17 11.8% 23.5% 23.5%
マツリダゴッホ 2- 2- 0-11/15 13.3% 26.7% 26.7%
ステイゴールド 2- 1- 2-16/21 9.5% 14.3% 23.8%
ハーツクライ 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3%
シンボリクリスエス 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0%
アッミラーレ 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0%
パイロ 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4%
Belgravia 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0%
メイショウボーラー 2- 0- 0-13/15 13.3% 13.3% 13.3%

短距離馬を多数送り出しているサクラバクシンオーやダイワメジャーといったところが優勢となっています。
圧倒的な強さを誇るディープインパクトやキングカメハメハは全く入ってこないという異例の状態になっています。