京都競馬場 芝3000m

京都競馬場 芝3000m

◆主な重賞レース

菊花賞(G1)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 2- 2- 0- 5/ 9 22.2% 44.4% 44.4%
3枠 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
4枠 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
5枠 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1%
6枠 1- 3- 0- 8/12 8.3% 33.3% 33.3%
7枠 2- 0- 3-10/15 13.3% 13.3% 33.3%
8枠 0- 0- 1-14/15 0.0% 0.0% 6.7%

菊花賞と万葉ステークスでのみ使われているコースなので、絶対数が少ないです。
2枠の成績が圧倒的に良く、次いで6枠と7枠と言えると思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
平地・先行 3- 3- 3-15/24 12.5% 25.0% 37.5%
平地・中団 3- 2- 2-27/34 8.8% 14.7% 20.6%
平地・後方 0- 1- 0-23/24 0.0% 4.2% 4.2%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

3000mという長丁場のレースですから、先行抜け出しのレースが無難に成績が良いと言えると思います。
中団はそれほどでもありませんが、逃げと後方の馬は苦戦していると言えると思います。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1- 1- 2- 8/12 8.3% 16.7% 33.3%
ゼンノロブロイ 1- 0- 2- 2/ 5 20.0% 20.0% 60.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
ルーラーシップ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ブラックタイド 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
フジキセキ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
キングカメハメハ 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
ディープスカイ 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
ステイゴールド 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
チチカステナンゴ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
アドマイヤドン 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%

絶対数が少ないので、3着内に入ってきた種牡馬を挙げてみました。
やはりサンデーサイレンスの血統が有利なのかと思います。