京都競馬場 芝2000m

京都競馬場 芝2000m

◆主な重賞レース

秋華賞(G1)
京都2歳ステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 17- 10- 14-125/166 10.2% 16.3% 24.7%
2枠 18- 13- 17-124/172 10.5% 18.0% 27.9%
3枠 12- 15- 18-129/174 6.9% 15.5% 25.9%
4枠 19- 16- 14-135/184 10.3% 19.0% 26.6%
5枠 16- 18- 15-151/200 8.0% 17.0% 24.5%
6枠 19- 21- 20-153/213 8.9% 18.8% 28.2%
7枠 18- 21- 17-183/239 7.5% 16.3% 23.4%
8枠 18- 23- 22-195/258 7.0% 15.9% 24.4%

どの枠でもあまり大きな差はあまり無いようですが、内枠の勝率が多少良くなっているようです。
スタート直後の直線があまり長くなく、1コーナーへの進入が楽なことが影響するのかもしれません。
多少、7枠と8枠の成績が悪くなっているようにも見えますので、比較的内側の方が有利といえるかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 31- 21- 11- 83/ 146 21.2% 35.6% 43.2%
平地・先行 54- 54- 53- 291/ 452 11.9% 23.9% 35.6%
平地・中団 34- 46- 45- 393/ 518 6.6% 15.4% 24.1%
平地・後方 12- 12- 25- 415/ 464 2.6% 5.2% 10.6%
平地・マクリ 6- 4- 3- 13/ 26 23.1% 38.5% 50.0%

逃げ・先行の勝率、連対率、複勝率共に高くなっており、前で競馬する馬が有利となっているようです。
最後の直線に坂が無いため、前の馬が止まりにくいことが要因かもしれません。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 25- 22- 18- 86/151 16.6% 31.1% 43.0%
ハービンジャー 15- 5- 11- 68/ 99 15.2% 20.2% 31.3%
キングカメハメハ 11- 13- 8- 79/111 9.9% 21.6% 28.8%
ハーツクライ 10- 8- 10- 60/ 88 11.4% 20.5% 31.8%
ステイゴールド 8- 7- 6- 71/ 92 8.7% 16.3% 22.8%
ルーラーシップ 5- 5- 4- 22/ 36 13.9% 27.8% 38.9%
メイショウサムソン 5- 2- 2- 29/ 38 13.2% 18.4% 23.7%
マンハッタンカフェ 4- 7- 7- 48/ 66 6.1% 16.7% 27.3%
ダイワメジャー 4- 6- 3- 19/ 32 12.5% 31.3% 40.6%
ナカヤマフェスタ 4- 0- 2- 10/ 16 25.0% 25.0% 37.5%
ジャングルポケット 3- 4- 2- 36/ 45 6.7% 15.6% 20.0%
ゼンノロブロイ 3- 4- 2- 28/ 37 8.1% 18.9% 24.3%
スペシャルウィーク 3- 2- 1- 15/ 21 14.3% 23.8% 28.6%
New Approach 3- 0- 1- 1/ 5 60.0% 60.0% 80.0%
アドマイヤムーン 2- 0- 1- 16/ 19 10.5% 10.5% 15.8%
コンデュイット 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0%

ディープインパクトの出走数が非常に多く、成績も非常に良くなっています。
キングカメハメハ、ハーツクライ、ハービンジャーといったところも頑張っていますが、ディープインパクトの勢いにはなかなか抗いきれないようです。