中京競馬場 芝1200m

中京競馬場 芝1200m

◆主な重賞レース

高松宮記念(G1)
CBC賞(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 8- 4- 6- 89/107 7.5% 11.2% 16.8%
2枠 11- 11- 5- 81/108 10.2% 20.4% 25.0%
3枠 8- 12- 6- 83/109 7.3% 18.3% 23.9%
4枠 10- 4- 9- 87/110 9.1% 12.7% 20.9%
5枠 6- 10- 12- 87/115 5.2% 13.9% 24.3%
6枠 7- 7- 6- 95/115 6.1% 12.2% 17.4%
7枠 4- 7- 9-142/162 2.5% 6.8% 12.3%
8枠 6- 5- 7-144/162 3.7% 6.8% 11.1%

2枠から6枠の成績が比較的良くなっています。
逆に7枠と8枠は勝率、連対率、複勝率ともに低くなっています。
スタート直後が3コーナーになりますので、揉まれやすい1枠や外を回される可能性のある7枠、8枠は不利になるのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 13- 6- 7- 34/ 60 21.7% 31.7% 43.3%
平地・先行 20- 18- 16-177/231 8.7% 16.5% 23.4%
平地・中団 17- 32- 24-341/414 4.1% 11.8% 17.6%
平地・後方 10- 4- 13-254/281 3.6% 5.0% 9.6%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げが勝率、連対率、複勝率ともに高くなっています。
短距離戦なので、前に着けられる馬が止まらないことが多いことが要因だと思われます。
逃げに次いで先行、中団、後方の順に成績が悪くなっていきますので、やはり前で競馬する馬が有利な結果になっています。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4- 7- 2-27/40 10.0% 27.5% 32.5%
ダイワメジャー 4- 2- 6-56/68 5.9% 8.8% 17.6%
サクラバクシンオー 4- 1- 2-34/41 9.8% 12.2% 17.1%
アドマイヤムーン 3- 2- 3-29/37 8.1% 13.5% 21.6%
ヨハネスブルグ 3- 1- 1-16/21 14.3% 19.0% 23.8%
グラスワンダー 3- 0- 0-10/13 23.1% 23.1% 23.1%
キンシャサノキセキ 2- 4- 3-18/27 7.4% 22.2% 33.3%
オレハマッテルゼ 2- 1- 2- 5/10 20.0% 30.0% 50.0%
タイキシャトル 2- 0- 2-21/25 8.0% 8.0% 16.0%
スウェプトオーヴァーボード 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4%
ブラックタイド 2- 0- 1-12/15 13.3% 13.3% 20.0%

あまり種牡馬によって大きな傾向は見られないようです。
短距離戦ですから瞬発力に優れるディープインパクトの複勝率が比較的高くなっています。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする