中山競馬場 芝2000m

中山競馬場 芝2000m

◆主な重賞レース

中山金杯(G3)
京成杯(G3)
弥生賞(G2)
皐月賞(G1)
紫苑ステークス(G3)
ホープフルステークス(G1)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 16- 19- 17-177/229 7.0% 15.3% 22.7%
2枠 16- 20- 22-182/240 6.7% 15.0% 24.2%
3枠 15- 17- 20-198/250 6.0% 12.8% 20.8%
4枠 18- 12- 25-208/263 6.8% 11.4% 20.9%
5枠 21- 20- 15-216/272 7.7% 15.1% 20.6%
6枠 15- 19- 18-225/277 5.4% 12.3% 18.8%
7枠 18- 23- 19-254/314 5.7% 13.1% 19.1%
8枠 32- 21- 17-264/334 9.6% 15.9% 21.0%

勝率では大外の8枠が有利な結果になっています。
連対率と複勝率では内枠の成績が比較的良いかもしれません。
コース形状としてはそれほど特殊なものではないのですが、内枠と外枠が有利になっていることは気にとめておいた方が良いかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 15- 20- 6- 119/ 160 9.4% 21.9% 25.6%
平地・先行 60- 66- 49- 365/ 540 11.1% 23.3% 32.4%
平地・中団 54- 49- 76- 656/ 835 6.5% 12.3% 21.4%
平地・後方 17- 12- 17- 569/ 615 2.8% 4.7% 7.5%
平地・マクリ 5- 4- 5- 14/ 28 17.9% 32.1% 50.0%

先行が圧倒的に有利と思われます。
また、逃げも成績はよいので、比較的前で競馬をする馬が全体的に有利になっていると思われます。
数は少ないのですが、マクリ戦法をとる馬の成績も良くなっています。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 24- 15- 16-104/159 15.1% 24.5% 34.6%
ステイゴールド 16- 13- 20-128/177 9.0% 16.4% 27.7%
ハーツクライ 13- 8- 11- 95/127 10.2% 16.5% 25.2%
キングカメハメハ 12- 10- 12- 66/100 12.0% 22.0% 34.0%
ハービンジャー 11- 12- 7- 93/123 8.9% 18.7% 24.4%
ゼンノロブロイ 8- 5- 6- 56/ 75 10.7% 17.3% 25.3%
シンボリクリスエス 6- 2- 4- 54/ 66 9.1% 12.1% 18.2%
ヴィクトワールピサ 6- 2- 1- 38/ 47 12.8% 17.0% 19.1%
マンハッタンカフェ 5- 7- 4- 44/ 60 8.3% 20.0% 26.7%
ルーラーシップ 5- 3- 5- 18/ 31 16.1% 25.8% 41.9%
バゴ 3- 3- 2- 7/ 15 20.0% 40.0% 53.3%
ドリームジャーニー 3- 2- 3- 6/ 14 21.4% 35.7% 57.1%
ネオユニヴァース 3- 1- 2- 49/ 55 5.5% 7.3% 10.9%

ディープインパクトが抜けた成績となっています。
出走数ではステイゴールドの方が多いのですが、勝率は圧倒的にディープインパクトが上回っています。
キングカメハメハもディープインパクトに肉薄しており、注意が必要な種牡馬です。
まだ出走数は少ないですが、ルーラーシップの適性も見逃せないと思います。