東京競馬場 芝1400m

東京競馬場 芝1400m

◆主な重賞レース

京王杯スプリングカップ(G2)
京王杯2歳ステークス(G2)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 25- 21- 25-212/283 8.8% 16.3% 25.1%
2枠 12- 17- 21-251/301 4.0% 9.6% 16.6%
3枠 19- 26- 17-250/312 6.1% 14.4% 19.9%
4枠 27- 11- 23-259/320 8.4% 11.9% 19.1%
5枠 22- 26- 17-265/330 6.7% 14.5% 19.7%
6枠 22- 23- 20-274/339 6.5% 13.3% 19.2%
7枠 19- 30- 28-325/402 4.7% 12.2% 19.2%
8枠 27- 19- 22-347/415 6.5% 11.1% 16.4%

コーナーが2つのコース形態ということもあり、1枠が勝率、連対率、複勝率ともに一番好成績となっています。
逆に外枠の7枠と8枠はあまり成績が良くないように思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 22- 18- 13- 120/ 173 12.7% 23.1% 30.6%
平地・先行 58- 57- 51- 453/ 619 9.4% 18.6% 26.8%
平地・中団 74- 71- 86- 884/1115 6.6% 13.0% 20.7%
平地・後方 19- 27- 23- 723/ 792 2.4% 5.8% 8.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

最後の直線が長いコース形態なのですが、比較的前で競馬する馬が有利といえると思われます。
中団も差してこれるかと思うのですが、成績としては今ひとつという結果になっています。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ダイワメジャー 22- 14- 12-127/175 12.6% 20.6% 27.4%
ディープインパクト 14- 14- 10- 91/129 10.9% 21.7% 29.5%
アドマイヤムーン 7- 5- 8- 59/ 79 8.9% 15.2% 25.3%
ゼンノロブロイ 7- 4- 4- 40/ 55 12.7% 20.0% 27.3%
ステイゴールド 6- 9- 5- 35/ 55 10.9% 27.3% 36.4%
キンシャサノキセキ 6- 3- 12- 76/ 97 6.2% 9.3% 21.6%
マツリダゴッホ 5- 4- 5- 59/ 73 6.8% 12.3% 19.2%
キングカメハメハ 4- 9- 9- 51/ 73 5.5% 17.8% 30.1%
ハーツクライ 4- 5- 4- 35/ 48 8.3% 18.8% 27.1%
ヴィクトワールピサ 4- 0- 0- 14/ 18 22.2% 22.2% 22.2%
ブラックタイド 3- 3- 1- 34/ 41 7.3% 14.6% 17.1%
ワークフォース 3- 3- 1- 11/ 18 16.7% 33.3% 38.9%
ネオユニヴァース 3- 2- 3- 27/ 35 8.6% 14.3% 22.9%
タニノギムレット 3- 2- 2- 20/ 27 11.1% 18.5% 25.9%
ハービンジャー 3- 1- 7- 25/ 36 8.3% 11.1% 30.6%
スウェプトオーヴァーボード 3- 1- 0- 27/ 31 9.7% 12.9% 12.9%
フジキセキ 3- 0- 3- 19/ 25 12.0% 12.0% 24.0%
ジャングルポケット 3- 0- 2- 40/ 45 6.7% 6.7% 11.1%
ローレルゲレイロ 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
アンライバルド 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%

芝1400mではダイワメジャーの出走数が飛び抜けて多くなっています。
しかし、勝率、連対率、複勝率のすべての面で平均的な成績になっています。
複勝率が高いのはステイゴールドやワークフォースといったところで、それほど目立った種牡馬はいないような感じです。