東京競馬場 芝2400m

東京競馬場 芝2400m

◆主な重賞レース

青葉賞(G2)
優駿牝馬(G1)
東京優駿(G1)
ジャパンカップ(G1)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 11- 10- 10- 80/111 9.9% 18.9% 27.9%
2枠 14- 6- 7- 88/115 12.2% 17.4% 23.5%
3枠 10- 11- 7- 93/121 8.3% 17.4% 23.1%
4枠 10- 11- 9- 99/129 7.8% 16.3% 23.3%
5枠 10- 7- 10-110/137 7.3% 12.4% 19.7%
6枠 8- 14- 14-109/145 5.5% 15.2% 24.8%
7枠 14- 12- 8-134/168 8.3% 15.5% 20.2%
8枠 5- 11- 17-142/175 2.9% 9.1% 18.9%

内枠の成績がかなり良くなっています。
外枠の勝率は非常に悪くなっているので、外枠に入った馬は割引が必要かもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 8- 5- 4- 68/ 85 9.4% 15.3% 20.0%
平地・先行 23- 23- 27- 223/ 296 7.8% 15.5% 24.7%
平地・中団 33- 40- 29- 291/ 393 8.4% 18.6% 26.0%
平地・後方 16- 14- 21- 267/ 318 5.0% 9.4% 16.0%
平地・マクリ 2- 0- 1- 6/ 9 22.2% 22.2% 33.3%

後方の馬の成績が少し悪くなっていますが、逃げ、先行、中団に関しては大きな差が見られないと思われます。
成績が悪いという後方でも複勝率は16.0%とかなり高くなっていますので、どの脚質でも勝負が出来るコースと言えると思います。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 19- 10- 13- 70/112 17.0% 25.9% 37.5%
ステイゴールド 15- 11- 12-102/140 10.7% 18.6% 27.1%
キングカメハメハ 7- 7- 3- 42/ 59 11.9% 23.7% 28.8%
ハービンジャー 7- 3- 5- 45/ 60 11.7% 16.7% 25.0%
ハーツクライ 4- 7- 8- 62/ 81 4.9% 13.6% 23.5%
タニノギムレット 4- 2- 3- 12/ 21 19.0% 28.6% 42.9%
ネオユニヴァース 3- 5- 2- 20/ 30 10.0% 26.7% 33.3%
ルーラーシップ 3- 1- 2- 5/ 11 27.3% 36.4% 54.5%
ジャングルポケット 2- 3- 3- 29/ 37 5.4% 13.5% 21.6%
アドマイヤジャパン 2- 2- 0- 4/ 8 25.0% 50.0% 50.0%

ディープインパクトが強いのは目を引きますが、それに並んでステイゴールドの強さも目を引きます。
勝率、連対率、複勝率が非常に高いルーラーシップが伸びてくると面白くなるかもしれません。